突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

カテゴリーアーカイブ: VMware

1つのユーザープロセスが搭載している物理メモリを使い切るとLinuxカーネルが落ちる件

昨年の夏、DevQuizのパズル問題を解くために、OS XとLinuxを酷使したのですが、

OS Xは高負荷時(メモリを使い切る)でもシステムが落ちないのに、Linuxは落ちる。

という症状に悩まされました。

計算プログラムを朝、しかけて、夜、結果を確認すると、OS Xの方は、Macがファンをぶんぶん回しながら計算を続けていましたが、VMware vSphereの仮想マシン上で動作するDebian6のLinuxの方は、確実にLinuxカーネルごと落ちてしまうのです。

(仮想マシン、ハイパーバイザ自体は生きている状態です。ハイパーバイザの仕組み上、仮想マシンに割り当てた以上の物理メモリが使われてしまうことはありません。)

自分が作っている計算プログラム、つまり、1つのプロセスで搭載している物理メモリを使い切ってしまうことが原因だということは想像がつくのですが、スワップも設定しているのに、なぜLinuxカーネルが落ちてしまうのか原因がわかりません。

(スワップ領域がSANのストレージ上にあるのでそれが原因とか、VMware vSphereが原因とか??)

今、流行の ”ビッグデータ” などを処理しようとすると、ある程度安定した分散環境が必要になるのですが、原因がつかめないとLinuxベースで安定した分散環境を構築できるのか、この先、不安です。

 

追記:2012/02/19 14:27

Linuxカーネルがフリーズする原因は以下のようにいくつかあるらしいので、切り分けしたいと思います。

(1)Linuxカーネル、ドライバ等にバグがある。

(2)ハードウェアに不具合がある。(メモリモジュールにエラーがあるなど)

(3)仮想実行環境に不具合がある。

 

(2)(3)に問題がないことがわかれば、kexec+kdumpで(1)Linuxカーネル、ドライバ等の不具合を探っていくことになります。

 

※参考

第2回 減り続ける利用可能メモリ……そしてついにリブート!

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/tantei02/bangai02c.html

「Linuxが落ちる原因,遅い理由はこうして突き止める」――VA Linux Systems Japan 高橋浩和氏

http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/ITPro/oss/20040427/1/

Linuxでクラッシュダンプを採取(1) ~ kexec + kdump を使ってみる ~

http://dsas.blog.klab.org/archives/50558228.html

 

Windows 8 Developer Preview Intel 64bit版、32bit版ともにVMware Fusion 3.1.3でインストールできず

本日、一般向けにWindows 8 Developer PreviewのIntel 64bit版、32bit版ともにVMware Fusion 3.1.3 on OS X 10.6.8, 10.7.1の環境ではインストール途中でクラッシュしてしまい、インストールできませんでした。

Windows 8 Developer PreviewのISOイメージは、Windows Dev CenterからDL可能です。ARM版はまだありません。

http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/home/

64bit版の場合、VMware Fusionの仮想CPUがサポートしていないCPU命令を実行しようとしてクラッシュしてしまう旨のエラーが表示されます。

32bit版の場合は、VMware Fusionのエラーではなく、Windows 8 Developer Previewが実行環境をサポートしていないので、リセットしろという旨のエラーが表示されます。

ひょっとすると、新しいVMware Fusion 4なら動作するのかもしれませんが、いち早く、最新のWindows 8を試してみたい自分としては、なんとももどかしい結果となってしまいました。

ということで、今後のMSに期待したいと思います。(^_^)

 

VMware Fusion 4.0.1 リリース!

2011/09/14、本日、VMware Fusion 4.0.1が発売されました。

http://www.vmware.com/jp/support/support-resources/pubs/fusion_pubs

現時点では、DL販売、新規購入でしか購入できないようですが、日本円で4,635円のようです。

http://store.vmware.com/store/vmware/DisplayProductDetailsPage/ProductID.165310200/Currency.JPY

NewImage

評価版のDLは、3営業日以降にできるようになるようです。

 

VMware Fusion 4.0.1の主な変更点としては、次の通りです。

http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/fusion/migrate.html

  • OS X Lion 対応
  • パフォーマンスの向上

64bit対応したことで、大幅にパフォーマンスの向上が図られているようです。

高度に最適化された 64 ビット エンジンと高速のマルチコア プロセッサを VMware Fusion 4 と併用すると、Windows アプリケーションと Mac アプリケーションを最大速度で同時に実行できます。このとき、信頼性が損なわれることはありません。
VMware Fusion 4 は、アプリケーションの高速起動、シームレスなスクロール操作、サスペンド状態からの迅速なレジューム、およびディスク パフォーマンスの全体的な向上を実現し、VMware Fusion 3 より優れた End-to-End のアプリケーション パフォーマンスを提供します VMware Fusion 4 では、3D グラフィックの処理速度が 2.5 倍以上に向上し、OpenGL 2.1 および DirectX 9.0c Shader Model 3 のグラフィックスがサポートされています。これにより、AutoCAD 2011 などの要件の厳しい 3D アプリケーションを容易に実行できます。

3D関係が2.5倍以上にパフォーマンスが向上しているということで、Mac上でWindowsがさらに快適に使えるようになりますね。

NewImage

仮想マシンの暗号化にも対応して、セキュリティも向上しています。

仮想マシンのスナップショットがTimeMachine互換になった点も嬉しいポイントですね。

 

 

VMware vSphere 4.1のメモ

GDD2011のDevQuizのチャレンジクイズ(スライドパネル)を解くにあたり、必要になったVMware vSphere 4.1のメモ。

尚、VMware vSphere 4.1を使いこなすこと自体が非常に難易度が高く、まだ、十分に使いこなせていないため、残念ながら本格的に実戦投入するまでに至っていません。(^_^;)

 

<VMware vSphere 4.1のメモ>

・VMware vSphereでは、ハイパーバイザとその上で動作する仮想マシンがある。また、各VMware vSphereサーバを集中管理するvCenter Serverがある。

・物理サーバに搭載されている物理メモリのすべてを仮想マシンに割り当てることはできない。

例:物理サーバに搭載している物理メモリの総量が16GBだった場合、ハイパーバイザには最低4GBのメモリの割り当てが必要であり、仮想マシンには12GBまでしかメモリを割り当てることができない。
12GB以上のメモリを仮想マシンに割り当てようとすると、メモリ不足のエラーが表示されて、仮想マシンを起動することができなくなる。

・仮想マシンに割り当てられるCPUのコア数は、購入したVMware vSphereのライセンスの種別によって制限される。

例:Enterprise Editionの場合、仮想マシン1つに対して最大4つのCPUのコアを割り当てられる。
Enterprise Plus Editionの場合、仮想マシン1つに対して最大8つのCPUのコアを割り当てられる。

・仮想マシンに異常が発生する(例:物理メモリが枯渇してOSがフリーズする)と、仮想マシンがフリーズして停止状態になるが、ハイパーバイザは何ら影響を受けず、動作し続けることができる。

・計画的なメンテナンスには、保守用のvMotion機能により、仮想マシンを停止することなく、物理サーバを移動することができる。

・仮想マシンに異常が発生した場合は、障害用のHA(High Availability)機能により、仮想マシンを停止し、仮想マシンを再起動する、あるいは、物理サーバを移動して仮想マシンを再起動することができる。

・vMotion機能、および、HA機能を使用するには、複数のVMware vSphereサーバを集中管理するvCenter Server経由でしか使用できない。

vCenter Serverに管理されていないVMware vSphereサーバでは、vMotion機能および、HA機能を使用することができない。

・vCenter ServerとVMware vSphereサーバのバージョンが異なる場合、vCenter ServerからVMware vSphereサーバを管理することができない。

 

<まとめ>

・仮想化は構成の変更の容易さ、メンテナンス性の高さというメリットはあるものの、物理サーバの資源(CPU、メモリ)を独り占めしたい場合は、仮想化は向かない。

・仮想化は複数の仮想マシンをホスティングするような用途に向いている。

 

MacBook Early 2009のメモリを4GBから8GBに増設してみた

VMware Fusion 3上で動作するWindows Live Writer 11の動作があまりに遅くて、使う気になれないので、一念発起してMacBook Early 2009(初代アルミ)のメモリを4GBから8GBに増設してみました。

 

アマゾン経由で上海問屋から以下の4GBのメモリを2枚購入。

一枚の値段が6,999円なので、合計13,998円ですよ。安い!

 

<SAMSUNG ORIGINAL ノートパソコン用メモリ SODIMM DDR3-1066 PC3-8500 4GB>

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0040IU242

 

上記のメモリをMacBook Early 2009に装着したところ、一発で8GBを認識し、問題なく使用できています。

 

で、その効果たるや、めちゃくちゃすごいことになっています。

まず、Mac OS X Snow Leopard 10.6.4自体の起動が早くなり、アプリがきびきびと動作して、レインボーカーソルが出にくくなりました。(これは想定の範囲内)

そして、VMware Fusion 3のゲストOSのWindows 7 Ultimate 32bitに割り当てるメモリを1GBから、Windows 7 Ultimate 32bitが認識できるメモリ上限の約3GBに変更してみたところ、とても仮想マシン上で動作しているとは思えないくらい軽快に、Windows Live Writer 11が動作するようになりました。

いやぁ~、メモリが4GBから8GBに増えると、別次元ですね~♪ 全然ストレスを感じないです。

高々1万数千円の出費でこれだけのパフォーマンスアップが得られるなら非常に安いと思います。

ということで、是非、8GBへのメモリ増設をオススメします。

VMware Fusionが3.1.0にバージョンアップ

VMware Fusionが3.1.0にアップデートされました。

スクリーンショット(2010-05-26 18.55.14) 

更新内容の概要は以下の通り。

VMware Fusion 3.1 は、すべての VMware Fusion 3 ユーザー向けの無償アップデートです。20 を超える新機能および強化された機能が追加され、多数のバグが修正されています。

VMware Fusion 3.1 の特長は以下のとおりです。

・処理の高速化:サスペンドからのレジューム後のパフォーマンス、ディスク パフォーマンス、アプリケーション内でのスクロールなどのパフォーマンスが全体的に高速化しています。

・グラフィックスの向上:Aero のパフォーマンスが大幅に改善されています。ゲームの動作は VMware Fusion 3.0 よりも最大で 5 倍高速です。また、Windows Vista および Windows 7 で OpenGL 2.1 がサポートされるようになりました。

・USB EasyConnect:コンピュータへの接続時に USB デバイスを仮想マシンまたは Mac に簡単に割り当てることができます。

・Boot Camp の改良:Boot Camp 仮想マシンでのディスク パフォーマンスが最大で 5 倍高速化し、認証を無効にするための新しいオプションが追加されています。

・10 種類の新しいゲストのサポート:Ubuntu 10.04 LTS 32 ビットおよび 64 ビット エディションを含みます。
詳細については、『VMware Fusion リリース ノート』を参照してください。

New Features

* 8-way SMP
* 2 TB Virtual Disks
→ SMPも8個まで拡大。2TBまで仮想マシンイメージが使える。

* OpenGL 2.1 for Vista
* OpenGL 2.1 for Windows 7
* Support for overlapping Unity windows in Exposé and Dock Exposé
* USB "EasyConnect" to easily assign USB devices to virtual machine or Mac when connected

* OVF Tool for Mac OS X now included as optional install with full download or CD install
* OVF Tool 2: Import and export OVF packaged virtual machines and upload to vSphere with bundled OVF Tool

→ vSphereの仮想マシンイメージが使用できるようになった?

* Drag a disk image or virtual disk to the installation media pane of the assistant
* Add shortcut for opening a virtual machines configuration file in default text editor for VMware Fusion (Hold down option and right-click in Virtual Machine Library)

* User Experience Improvement Program

スクリーンショット(2010-05-26 19.10.36)

→ VMware Fusion改善のために匿名の情報を送信してもよいかどうか訊かれるようになった。

スクリーンショット(2010-05-26 20.28.17)

Graphics Improvements

    * Aero is much faster on Windows Vista and Windows 7

→ Windows7のAeroが速くなったらしい。(違いはよくわからないけど)

    * Greatly improved scrolling speeds in Windows Vista and Windows 7 with latest Mac OS X release
    * Some games up to 10x faster than VMware Fusion 3.0 with VMware Fusion 3.1 and latest Mac OS X release
    * Improved performance and better compatibility for both DirectX 9 and OpenGL 3D applications

New Guest Operating Systems Supported

→ 新しくサポートされたゲストOS。

    * Ubuntu 8.0.4.4: 32- and 64-bit
    * Ubuntu 10.04: 32- and 64-bit (currently in Beta)
    * SUSE Linux Enterprise Desktop 11 Service Pack 1: 32- and 64-bit
    * SUSE Linux Enterprise Server 11 Service Pack 1: 32- and 64-bit
    * RHEL 5.4: 32- and 64-bit

VMware Fusion 3.0.2 バージョンアップ

VMware Fusionが3.0.2にバージョンアップしました。VMware Toolsもバージョンアップされているので、ゲストOS上のVMware Toolsもバージョンアップが必要です。

image

image

ゲストOSとしてMac OS X Serverがサポートされているわけですから、VMware ToolsのMacOS版があるんですね。

image

無事にアップデートされました。

image 

更新内容の詳細はこちら。

VMware Fusion 3 Release NotesVMware Fusion 3 Release Notes

Resolved Issues

This release resolves the following issues:

    * Changes to the Mac OS X Server operating system requires changes to how VMware Fusion handles power management for the virtual machine.
      This release makes changes to VMware Fusion so that it can continue to support future releases of Mac OS X Server Snow Leopard as a guest operating system in a virtual machine.

Mac OS X Serverの変更に伴い、VMware Fusionでの仮想マシンにおけるパワーマネージメントの取り扱い方法の変更したというのが主な変更内容。Mac OS X ServerをゲストOSとして使っていない人にはあまり関係なさそうです。

それと既知の問題。

Known Issues with VMware Fusion

The following issues are known to occur in VMware Fusion 3.0.2.

    * Third-party applications can interfere with mouse and keyboard activity in a virtual machine.
      Non-Apple-distributed software that adds extra functionality to input devices can conflict with the hardware virtualization done by VMware Fusion. This might prevent the mouse and keyboard from functioning properly inside of a virtual machine.

      Workaround: Uninstall or disable third-party mouse and keyboard add-on software.

VMware Fusion 3.0.2でサードパーティ製のマウスとキーボードのアドオンソフトウェアを使うと、VMware Fusionが提供する仮想ハードウェアとコンフリクトを起こすので、使わないで下さいとのことです。

LogicoolとかMicrosoftのマウスとキーボード関係の専用ソフトが該当しそうです。

    * Some 3D applications in a virtual machine can cause a Mac with Mac OS X 10.5 Leopard to become unresponsive.
      Running certain video games and other 3D applications in VMware Fusion on Macs with Mac OS X 10.5 and the NVIDIA GeForce 9400M and 9600M GT chipsets can cause the Mac to become unresponsive.

      Workaround: Apple has fixed the underlying problem in Mac OS X 10.6 Snow Leopard. If you have a Mac with NVIDIA hardware, upgrade to Snow Leopard to use 3D applications in a virtual machine.

NVIDIAのハードを持っているMacで、10.5 Leopard上でVMware Fusion 3.0.2を使うと、3D関係のアプリケーションをゲストOS上で使用すると、10.5 Leopardの不具合のせいで無反応になることがあるそうです。不具合が修正されている10.6にSnow Leopardにアップグレードして下さいとのことです。

なんだかんだいって、VMware Fusionも10.5 Leopardのサポートを切り始めましたね。ま、Appleのサポートの問題だから仕方ないですが。

VMware VMIのサポート中止!?

musiclogs.org::blog » Blog Archive » VMware VMIのサポート中止

VMware VMIというのは、Linuxの準仮想化(paravirtualization)を実現するためのIFなのですが、Intel、AMDのCPUの技術革新により、最早、VMIは必要ないと判断して、サポートを中止することになったそうです。

VMIのサポートは2010-2011年の間の新製品からサポートしなくなるそうです。

Nehalemのパフォーマンスがスゴイそうですが、Core2Duoなどの非力なマシンの場合、どうなるんでしょう?

VMI(Virtual Machine Interface)について – とぅるるるるるるるるるる 五明君からの電話だッ!

Linuxには、VMIとは別に、paravirt-opsというVMI相当の準仮想化用のIFを標準でサポートしていたりするのですが、これも機能しなくなるのでしょうか?

VMware Fusion 3.0.1にアップデート

VMware Fusionが3.0.1にアップデートしました。

image

アップデート内容は以下の通り。

VMware Fusion 3.0.1 is a FREE update for all VMware Fusion 3 users. It adds several new features and enhancements and fixes over 50 bugs.
Highlights of VMware Fusion 3.0.1 include:
    •    Improved 3D & Video Performance: Improved WDDM driver and 3D backend improvements speed up some operations up to 80%
    •    Ubuntu 9.10 (Karmic Koala): Full support for Ubuntu 9.10 32-bit & 64-bit editions
    •    Even More 64-bit Support: Networking subsystem now 64-bit native to match 64-bit core engine
    •    Performance Update: Address performance slow downs seen by some users due to older VMware Tools and the Virtual Machine Library
    •    Shared/Mirrored Folders Improvements: Incompatibilities with Zone Alarms AV & Outlook 2007 Preview mode resolved.
See the VMware Fusion release notes for more details.

・3Dとビデオパフォーマンスの一部の処理で20%高速化

・Ubuntu 9.10も正式対応

・さらなる64bit対応ということで、ネットワーク系のサブシステムが64bitに対応

・古いVMware ToolsとVirtual Machine Libraryを使用しているせいで状況によってアドレス解決のパフォーマンスが低下する問題を解決

・共有/ミラーフォルダーの改善ということで、Zone AlarmsとOutlook 2007のプレビューモードでの問題を解決

 

Windows版のVMware Workstation 7とVMware Fusion 3を比較すると、ホストOSの使用状況にもよるのでしょうが、VMware Fusion 3の方が安定しているような印象を受けます。

VMware Fusion 3/Mac OS X Snow Leopard 10.6.1で出る3D関連のエラー

追記:2009/11/11 21:17

やっぱりだめですね。不安定です。

追記:2009/11/11 20:11

Mac OS X Snow Leopard 10.6.2にアップデートすることで以下のエラーが発生しなくなりました。どうやら、OpenGLのドライバの不具合だったようです。

 

・VMware Fsuion3/Mac OS X Snow Leopard 10.6.1で「3Dグラフィックスの高速化」をONにしている。

・ゲストOSのWindows7でWindows Media Center(フルスクリーン表示)を使用した後、サスペンドする。

上記の状態で、MacBookをサスペンドして復帰した後、ゲストOSのWindows7をサスペンドからの復帰させると、「コンピュータのOpenGLグラフィックスドライバの内部で重大なエラーが発生しました。」というエラーが発生していました。

スクリーンショット(2009-11-09 23.09.47)

まだあまり試せていませんが、Mac OS Xを10.6.2にアップデートした後は、問題が起こらなくなったような気がします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。