突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

カテゴリーアーカイブ: PS3

PS3:torne Ver.2.00のファーストインプレッション

torne Ver.2.00とPS3のシステムソフトウェア Ver.3.40が本日、2010/06/29にリリースされました。

ということで、早速アップデートしてみました。

<アップデート手順>

(1)まず、PS3のシステムソフトウェアをインターネット経由でアップデートを行い、Ver.3.40になったことを確認します。

アップデート作業は、いつも通り何ら問題なくスムーズに完了しました。
アップデート後は、安全のため、一度PS3の再起動を行います。

(2)次に、torneを起動します。torneを起動すると自動的に(強制的に)torne Ver.2.00のアップデートが実行されるので、素直に手順に従ってアップデートを実行します。

こちらもアップデート作業は、何ら問題なくスムーズに完了しました。

(3)アップデート後、torneが起動すると、チューナーを接続し直すように指示されるので、チューナーとPS3を接続しているUSBケーブルを抜き差しします。

これで、更新されたチューナ側のファームウェアが反映されます。(と思います)

チューナーにはARMのCPUが搭載されているということなので、チューナーのファームウェアを書き換えることで、今後、様々な機能アップが行えそうです。

 

<torne Ver.2.00の主な新機能>

自動録画でPS3が起動する際、これまでは「ピッ!」という起動音が鳴っていましたが、Ver.2.00から起動音が鳴らなくなりました。ただし、起動音を鳴らすか鳴らさないかは設定できないようです。

尚、torneの自動録画以外でPS3が起動する場合は、従来通り起動音が鳴ります。

デフォルトの録画モードが「3倍モード(標準)」になりました。従来の「DRモード(高画質)」で録画する場合は、手動で録画モードを変更する必要があります。

気になる「3倍モード(標準)」の画質についてですが、自分的には、見て消し用途であれば十分綺麗なので、従来の「DRモード(高画質)」を使う機会はほとんどなくなりそうです。

「3倍オード(標準)」を常用すれば、論理的に内蔵しているHDD容量が3倍になったことになるので、250GBのHDDを搭載している我が家の薄型PS3なら、750GB相当になったことになります。

これで、とりあえず録画してみるといった使い方ができるようになりました。

画質については主観によるところが大きいと思われますので、是非、現物を見て判断されることをオススメします。

・追っかけ再生は、録画開始後、1分くらい経過してからでないと利用できないのですが、十分、便利だと思います。

さすがCELLパワーといった感じで、UIは従来通りサクサクです。

torne Ver.2.00の新機能は、上記以外にもあるのですが、是非とも、オンラインマニュアルを参照しながら、1つ1つ確認されることをオススメします。

 

PS3とtorneは、本当に良い買い物をした!という感じです。

PS3:torne ver2.0のアップデートが2010/06/29 15:00より開始予定

torne公式twitterアカウントtornevのtweetから、torne初のメジャーアップデートとなるver.2.0のアップデート予定が明らかになりました。

torneは着実に進化してきているようで、今後にますます期待です。
(個人的には、iPhoneやiPod touchと連携できるようになると最高なんですが、まぁ大人の事情で無理なんでしょうけど。。。)

・torne ver2.0アップデートは2010/06/29 15:00より開始予定。

・PS3システムソフトウェアver.3.40のアップデートも15:00より前から開始予定。

・これまで気になっていたtorneが自動起動する際の起動音が出なくなるようです。
(個人的には、
時間帯とかで設定の有効/無効で変更できるといんですけどね。)

注意事項として、以下の2点があります。

・torneのアップデート中は予約録画が開始されないので注意が必要です。ちなみに番組予約情報はアップデート後も引き継がれるので心配はいりません。

・PS3のシステムアップデートも行わないとPSNにサインインできなくなるので、トルミル機能を活用している方は忘れずにアップデートする必要があります。

<torne公式twitterアカウント>

トルネフ (tornev) on Twitter

「torne アップデート」のリリース予定時刻は、15:00頃みたいです。「PS3のシステムアップデート」のリリースは、それより前の時間になると思われますよ。

あ、あともう1つニュースが入ってきました。torneが自動起動する際に鳴っていた「ピッ!」という音が、出なくなるそうです。これは明日の「PS3のシステムアップデート」をすると、対応されるようですよ。

アップデート時のご注意なのですが、「PS3のシステムアップデート」をやっている時は、torneの予約録画は開始されないんです!また、録画中のものは中断されてしまいますカラ、アップデートの実行時に重ならないように気をつけてくださいね。

あ、番組の録画予約自体は、アップデート後も引き継がれますカラ。50個満タンに予約されている方も、そこはご安心ください。

ちなみに「PS3のシステムアップデート」をしないと、PSNにサインインできなくなりますカラ、トルミル情報が使えなくなってしまいますよ。ここのところも、ご注意ください

 

すでに、torne公式ページでもtorne ver.2.0のアップデート概要が紹介されていますが、念のため復習しておきましょう。

PlayStation.com(Japan)|torne(トルネ)™|システムソフトウェアアップデートver.2.0

(1)録画モードに「3倍モード」を追加

録画モードに、「DRモード」に比べ約3倍長く高画質で録画できる「3倍モード」を追加します。

「3倍モード」で録画する際は、PS3®専用地上デジタルチューナーに搭載されたトランスコーダーを通じてAVC方式で録画されます。
ゲームやブルーレイディスク/DVDを楽しみながら、予約設定した番組を従来の「DRモード」に加え「3倍モード」でも録画することが可能です。

これまでと同様、録画された映像は、映画、スポーツ、アニメなど、映像ジャンル毎に最適化されたアップコンバート機能とノイズリダクションにより、美しく再現されます。

    * ※ 同時録画機能を有効にしている場合に限ります。同時に使用するソフトウェアや周辺機器の仕様によっては正常に動作しない可能性があります。また、60GBモデル(CECHA00)および20GBモデル(CECHB00)で「プレイステーション 2」専用ソフトウェアをご使用中は、本機能の設定を有効にしていても、録画は行われません。

(2)「追いかけ再生」に対応

録画中のテレビ番組を再生できるようになります。
追いかけ再生中も早送りや早見再生、シーンサーチなどの機能を使用することができます。

(3)「トルミル情報」表示機能の強化

オンライン接続してテレビ番組をリアルタイムで見ているtorne(トルネ)™ユーザーの状況(ミル数)が「TV(テレビ)」メニュー画面上に表示されるようになります。

※ 「トルミル情報」は、当社独自の方法で集計された情報です。その番組がどのくらい録画予約されているのか(トル)や、どのくらい見られているのか(ミル)をチェックすることができますが、情報の内容や正確さについては保証されません。
「トルミル情報」を表示するためには、PlayStation®Networkアカウントを使用してPlayStation®Networkにサインインする必要があります。

(4)その他のアップデート

・サムネイル登録機能を強化

好きなタイミングの映像をビデオのサムネイルとして登録できるようになります。
登録したサムネイルは「VIDEO(ビデオ)」画面やトップメニューの背景に反映されます。

・オンラインマニュアル機能を追加

「CONTROLS(ソウサホウホウ)」画面で、オンラインマニュアルが確認できるようになります。

・番組表情報の取得率を表示

トップメニューで「GUIDE(バングミヒョウ)」にカーソルを合わせると、番組表情報(EPG情報)の取得率が確認できるようになります。

・録画通知メッセージに番組名を表示

予約録画開始時に表示される通知メッセージに、番組名が表示されるようになります。

・番組表のデザインを一部変更

「GUIDE(バングミヒョウ)」を7ch表示にしたとき、表示される時間の範囲が5時間から9時間に拡大されます。

・ページ単位移動操作を追加

「VIDEO(ビデオ)」「SCHEDULE(ヨヤクカクニン)」「SEARCH(バングミケンサク)」の各画面で、左スティックでのページ単位移動ができるようになります。

・BDリモートコントローラでの操作追加

青ボタン/赤ボタンで「GUIDE(バングミヒョウ)」の「1日単位で移動」ができるようになります。また、各画面のリストでページ単位移動もできるようになります。

BDリモートコントローラで登録されていないチャンネル番号にダイレクト選局したとき、自動的に消えるポップアップメッセージでチャンネルが登録されていない旨を通知する形に変更します。

・Play Station Network サインインダイアログの表示

トルミル情報表示の設定を有効にしている場合で、torne(トルネ)™起動時にサインインしていない場合は、サインインを促すダイアログが表示されるようになります。

・繰り返し録画エラー通知方法変更

同じ録画予約で繰り返し録画のエラーが複数回発生していた場合は、一番最近の1回分のみ通知される形に変更されます。また、発生している録画エラーを一括削除する機能が追加されます。

・一時停止アイコンの表示時間変更

ビデオ再生を一時停止した場合、一時停止を示す操作アイコンが一定時間で非表示になるようになります。

・ビデオの番組情報表示調整

ビデオの番組情報に、実際のファイルサイズが表示されるようになりました

PS3:torneが6月のアップデートで長時間録画、追いかけ再生に対応

PS3専用地上デジタルレコーダーキット「torne」のオンラインアップデート(バージョン2.00)で、AVC方式により従来のDRモードの約3倍長く録画できる3倍モード追いかけ再生などに対応することになったそうです。

実施時期は2010年6月を予定しており詳細な実施日は未定となっています。

これはかなりうれしいアップデート内容になっていますね。あとは「スゴ録」機能さえ対応してもらえれば、見て消し用途のハードディスクレコーダーとしてほとんど不満はなくなるのではないかと思います。

PS3に複数台のtorneを接続して複数番組の同時録画ができるようになったら完璧なのでしょうけど、さすがにそれは無理ですかね。

PlayStation.com(Japan) | お知らせ | PS3®専用周辺機器 地上デジタルレコーダーキット『torne(トルネ)™』オンラインでの機能アップデートを6月実施予定~長時間録画モード、追いかけ再生などに対応~

【アップデート主要項目】

●録画モードに「3倍モード」を追加
録画モードに、従来の「DRモード」に比べ約3倍長く高画質で録画できる「3倍モード」を追加します。
「3倍モード」で録画する際は、AVC方式で録画されます。ゲームやブルーレイディスク/DVDを楽しみながら、予約設定した番組を「DRモード」に加え「3倍モード」でも録画することが可能です※4。これまでと同様、録画された映像は、映画、スポーツ、アニメなど、映像ジャンル毎に最適化されたアップコンバート機能とノイズリダクションにより、美しく再現されます。

●「追いかけ再生」に対応
録画中のテレビ番組も再生できるようになります。
追いかけ再生中も早送りや早見再生、シーンサーチなどの機能を使用することができます。

●「トルミル情報」※5表示機能の強化
オンライン接続してテレビ番組をリアルタイムで見ているtorne(トルネ)™ユーザーの状況(ミル数)が「TV(テレビ)」メニュー画面上に表示されるようになります。

 

torneが6月のアップデートで長時間録画、追いかけ再生に対応: ポケットニュース

もしかしてtorne内部のメインチップMB86H47AでAVCトランスコードやってるとか?外付けRAMもないので可能性は低そうだけどARMコア内蔵してるしありえなくはないか…。

torneってARMのCPUが載っているんですね。SoCなら少量ながらもRAMが載ってそうですけどね。

PS3:torne 1.2 バージョンアップ

torneが1.2にバージョンアップしました。

修正内容は以下の通り。マルチパス等の影響によるアンテナレベルの低下を軽減したそうです。

どんどんよくなるtorne、できれば、おっかけ再生とかに早く対応して欲しいです。

PlayStation.com(Japan) | インフォメーションセンターからのお知らせ

【修正プログラムの配信について】(2010年4月27日追記)
マルチパス(電波の反射波・干渉波)等の影響によるアンテナレベルの低下を軽減したアプリケーションプログラム(バージョン1.20)を、本日より配信開始しましたので、お知らせいたします。配信される修正プログラムは、PlayStation®3をネットワークに接続した状態でtorne(トルネ)™を起動させることで適用されます。(画面に「新しいアップデートが見つかりました。適用しますか?」というメッセージが表示されたら、「OK」を選択してください。)今まで一部のチャンネルのスキャンができないといった症状が発生していた場合は、アップデートの適用後、再度チャンネルスキャンをお試し下さい。

torne(トルネ)™のアプリケーションソフトウェアの修正プログラムに関して、ご不明な点等がございましたら、ソニー・コンピュータエンタテインメント インフォメーションセンターへご連絡下さい。

PS3:システムソフトウェア3.30アップデート

PS3のシステムソフトウェアが3.30にアップデートされて3D対応になります。

システムソフトウェアのアップデートを実行してみたところ、まだ、アップデートできないようで、3.21のままです。

順次アップデートされるように何か規制でもしているのでしょうか?

<追記:2010/04/25

本日、強制アップデートが入りました。アップデートしないとPlayStation Networkにアクセスできなくなりました。

システムソフトウェアのアップデート3.30のリリースが発表されたのが4/22で、強制アップデートがかかったのが4/25ですから、数日見ると良いようです。

追記:2010/04/25>

SCE、PS3で3Dゲームに対応にする新ファーム「3.30」 -AV Watch

それと、PCでリモートプレイができるようになるのが地味にうれしいのですが、VAIOしか対応してくれなさそうな感じです。

「ソニー・ユナイテッド」ですか。。。

【西田宗千佳のRandomTracking】3D対応したPS3 Ver.3.30の狙いとこれから -AV Watch

なお、3Dと直接の関係はないが、今回の「3.30」にて、今後のソニー製PC「VAIOシリーズ」にて、「リモートプレイ」に対応することが発表されている。現時点ではテストできていないので、そのクオリティについて言及するのは避けるが、PSPと同様のことがモバイルPCなどでもできるようになれば、確かに面白い。

どのようなPCで利用可能になるか、今後「PC以外の機器」や「ソニー製品以外での展開」については「ご案内できることはない」(SCE広報)という。このあたりも「総力戦」を思わせる。ストリンガー会長が会見などで語ってきた「ソニー・ユナイテッド」という姿勢が、商品戦略の「大枠」という形で、ようやく見えてきた、といったところだろうか。

PS3:torne同梱版PS3(CEJH-10010)、CECH-2100Bの消費電力

薄型PS3の2世代目にあたるCECH-2100AのRSXが65nmから45nmにシュリンクされて、

・CECH-2100Aは消費電力がCECH-2000A比で約12~22%低い。
・特にRSXが高負荷状態になっていると思われるゲームプレイ時には2割以上24Wも消費電力が低い。

という結果が得られたそうです。

RSXが45nmにシュリンクされたPS3「CECH-2100A」買ったよ: ポケットニュース

以前SCEのサポートにCECH-2000AとCECH-2100Aの違いについて質問してみたところ、

重量が3.2kgから3.0kgに軽くなった
初期システムソフトのバージョンが3.20になった
HDD固定金具の形状変更
RSXが65nmから45nmにシュリンクされた

image

CECH-2100Aは消費電力がCECH-2000A比で約12~22%下がっています。
特にRSXが高負荷状態になっていると思われるゲームプレイ時には2割以上24Wも消費電力が低いという結果になりました。

なお、新旧どちらもtorne録画中(外付けHDD)でも消費電力への影響はまったくありませんでした。

我が家のPS3(250GB) 地デジレコーダー(torne トルネ同梱)パック(CEJH-10010)のPS3本体の型番を調べてみたところ、CECH-2100Bでした。

プレイステーション3 – PS3 wiki

こちらの情報によるとCECH-2100AとCECH-2100Bはほぼ同一のものと考えて良さそうです。

薄型PS3の2世代目ならばりばりゲームで遊んでも85W程度の消費電力なので、初代のPS3が180Wくらいだったので約半分くらいになったということみたいです。

PS3:カスタムファームウェア、薄型PS3でもOtherOS機能の有効化の可能性?について

ポケットニュースさんのエントリで知ったのですが、PS3のソフトウェア?の何らかの脆弱性を突いて、カスタムファームウェアや、本来薄型PS3ではサポートされていないOtherOS機能を有効化できる可能性があるそうです。

PS3にカスタムファームウェア登場の可能性?薄型PS3でもOtherOS機能を有効化できるかも: ポケットニュース

PS3システムソフト3.21でOtherOSインストール機能が無効化された原因を作ったハッカーGeohot氏が、OtherOSインストール機能が削除されたはずのPS3システムソフト3.21上でOtherOSインストール機能を動作させている動画を公開しました。

Geohot氏によってカスタマイズされたPUPファイル「システムソフト3.21OO(OtherOS)」をPS3のシステムソフト3.15以前にインストールすると、システムソフト3.21でもOtherOSインストール機能を残せるそうです。
さらに、元々OtherOSインストール機能を搭載していない新型PS3についてもOtherOSインストール機能の有効化が可能とのこと。

 

No release date yet, use the proxy hack to play online with 3.15

訂正:2010/04/09

スクウェアエニックスのplay onlineのソフトウェアの脆弱性を利用したものでしょうか。

それと、将来的にカスタムファームウェアの公開が予定されているそうです。

PS3はハードウェアの保護に加えて、ハイパーバイザで保護されているので、セキュリティ的にはかなり強固なマシンだと思っていたのですが、”人の造りしもの”ということで、完璧なものはないのかもしれません。

PS3:購入後初めてのシステムアップデート3.2.1

PS3購入後初めてのシステムアップデートを実行してみました。

PS3のシステムアップデートの操作はPSPとほぼ同じなので楽勝です。

特段変わったところがあったかというとよくわかりません。

これまで数々の機器のファームウェアアップデートを体験してきたとはいえ、やはりファームウェアアップデートというのは緊張しますよね。失敗したらレンガですし。

PS3:amazonでPlayStation 3(250GB) 地デジレコーダー(torne トルネ同梱)パック(CEJH-10010)が40,660円でした

amazonで注文した時は42,800円でしたが、発送時点で2,140円安くなったため、結局、40,660円でした。

ちなみにamazonで単品で買い揃えると、

PlayStation 3(250GB)(CECH-2000B) :33,231円

torne単品(CECH-ZD1J):8,483円(現在売り切れ中ですが)

合計:41,714円

つまり、41,714-40,660=1,054円、得したということになります。

わずかな差にも思えますが、ただでさえ値引きの少ない家庭用ゲーム機関連商品で考えると大きいですよね。

Amazon.co.jpからのお知らせ

いつもAmazon.co.jpをご利用いただきありがとうございます。

お客様が予約注文された以下の商品が、注文時の価格からY 2,140円安くなりましたのでお知らせいたします。

ご注文後にこの商品の価格が下がったため、予約商品の価格保証により、最も安い価格でお客様にご請求させていただきました。

商品と価格は以下のとおりです。

【ご注意】

ご注文方法によっては、このほかに配送料や手数料が発生する場合があります。

PlayStation 3(250GB) 地デジレコーダー(torne トルネ同梱)パック(CEJH-10010)
ご注文時の商品価格: Y 42,800
発送時のお支払い金額: Y 40,660
発送までの最低価格: Y 40,660
数量: 1
差額合計: Y 2,140

PS3:torne v1.1 バージョンアップ

我が家ではすでにPS3とtorneの本格運用が始まっているのですが、早くもtorneがv1.0からv1.1にバージョンアップしました。

3/19時点で周波数変換パススルー方式で放送されているCATV回線の一部で地上デジタル放送のチャンネルスキャンができないという問題が把握されていたようですが、発売後一週間もたたずに修正されました。対応が素早いですね。

PlayStation.com(Japan) | インフォメーションセンターからのお知らせ

【修正プログラムの配信について】(2010年3月23日追記)
周波数変換パススルー方式で放送されているCATV回線の一部で地上デジタル放送のチャンネルスキャンができない問題を修正したアプリケーションプログラム(バージョン1.10)を、本日より配信開始しましたので、お知らせいたします。配信される修正プログラムは、PlayStation®3をネットワークに接続した状態でtorne(トルネ)™を起動させることで適用されます。(画面に「新しいアップデートが見つかりました。適用しますか?」というメッセージが表示されたら、「はい」を選択してください。)

 

詳細はもう少し使い込んでから書こうと思っているのですが、PS3とtorneを購入して本当に良かったです。実に素晴らしい製品だと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。