突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

カテゴリーアーカイブ: iPhone/iPod touch/iPad

iOS4.3.5 アップデート リリース

iOS4の最後のアップデートともくされる、iOS4.3.5 アップデートがリリースされています。

ファイルサイズは666.6MBで、アップデート内容は脆弱性の修正のようです。

iOS5の登場が待ち遠しいですね。

スクリーンショット 2011-07-26 9.32.20.png

スクリーンショット 2011-07-26 9.33.04.png

アップデート内容は以下の通りです。

iOS 4.3.5 ソフトウェア・アップデート

証明書の検証に関するセキュリティのぜい弱性の問題を修正します。

このソフトウェア・アップデートと互換性のある製品:

• iPhone 4(GSM モデル)

• iPhone 3GS

• iPad 2

• iPad

• iPod touch(第四世代)

• iPod touch(第三世代)

このアップデートのセキュリティ内容については、次の Web サイトを参照してください:

http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

そして、おどろおどろしいiPhone ソフトウェア・アップデートのライセンスアグリメント。。

スクリーンショット 2011-07-26 9.33.13.png  

ファイルサイズは、666.6MB。(オーメンかw)

201107260939.jpg

今回からは、UIが変更されたOS X LionのiTunesからのアップデートとなるため、多少戸惑いました。

ですが、Magic TrackpadとMission Controlのお陰で、画面キャプチャをする際に窓を切り替えたりする作業をとても快適に行うことができました。

今後は、マウスによる操作からタッチ操作に切り替わっていくのでしょうね。

広告

WordPress for iPadから投稿してみた

折角、iPadを手に入れたので、WordPress for iPadでブログの投稿をやってみました。

ソフトウェアキーボードによる入力は厳しいと思っていたのですがそこそこ使えますね。流石に、複雑で高度な内容のエントリー(ソースコードやログのコピペなど)は厳しいですが、簡単なテキストベースのものなら普通に使えます。

こんな風に画像もはれますし。まぁ、PCとはかなり操作性が制限されていて使いにくいところがあるのは否定できないので慣れは必要だと思います。

WordPress for iPadは不安定という評判が多いようですが、最新のバージョンでは実用上、なんら問題ないと思います。

Windows Phone 7 Connector for MacでZune HDと同期する

非公式ながらMacでもZune HDのデータを同期できることが発見されたらしいということで、早速、Mac OS X 10.6.6にWindows 7 Connector for Mac Beta v0.6をインストールしてみました。

  • iTunesで管理しているデータをシームレスにZune HDと同期できるので、WindowsでZune Softwareを使うのに比べてはるかに使いやすくなっています。
  • Windows Phone 7 Connector for Mac Beta v0.6は不具合があるようです。

    WindowsのZune Softwareで同期されたデータがZune HD内に残っていると正常にMacとデータを同期できません。
    (Windows Phone 7 Connector側からZune HD内のデータを削除できない)

    回避策は、Zune HD本体を操作してZune HD内のデータをすべて削除したあと、一度、Zune HD専用のUSB接続ケーブルをZune HD本体から抜き差ししてMacのWindows Phone 7 Connectorと同期します。

    MacのWindows Phone 7 ConnectorでZune HD内のデータ空になっていれば、以降、正常に同期が行えるようなります。

 

<Windows Phone 7 Connector for Macのセットアップ方法>

How to Sync a Zune HD with Mac OS X | Anything But iPod

(1)Windows Phone 7 Connector for Mac v0.6をダウンロードしてインストールする。

入手先は以下から。

ダウンロードの詳細 : Windows Phone 7 Connector Beta

image

ディスクイメージ(.dmg)がダウンロードできるので、その中に含まれる.mpkgファイルをダブルクリックして、ウィザードに従ってインストールするだけ。

スクリーンショット(2011-01-11 23.30.43)スクリーンショット(2011-01-11 23.30.52)

スクリーンショット(2011-01-11 23.30.56)スクリーンショット(2011-01-11 23.31.08)

スクリーンショット(2011-01-11 23.31.19)

(2)ターミナルで以下のコマンドを実行する。

defaults write com.microsoft.Windows-Phone-7-Connector ZuneEnabled -bool YES

これで、Zune HDを認識できるようになります。

(3)Windows Phone 7 Connector for Macを実行する。

するとWP7の画像入りのウィンドウが表示されます。

スクリーンショット(2011-01-11 23.34.02)

(4)Zune HD専用のUSB接続ケーブルでMacと接続する。

Windows Phone 7 Connector for Mac Beta v0.6は不具合があるようなので、Zune HD本体を操作してZune HD内のデータをすべて削除してから同期させましょう。

初回接続時は、以下のようなZune HDとの同期設定を行う画面が表示されます。

表示される写真もZune HDのモノに変わります。

スクリーンショット(2011-01-11 23.48.33)

次回以降は、以下のウィンドウが表示されるようになります。

スクリーンショット(2011-01-11 23.49.04)

上記で「Device Options」のボタンをクリックすると、いつでも同期設定を変更することができます。

スクリーンショット(2011-01-11 23.49.12)

左側のMusicをクリックするとどこかで見たことがあるウィンドウが表示されます。

iTunesのiPod touchのミュージックの同期設定画面と同じですね。プレイリストやジャンル、アーティスト単位でまとめて同期することができます。

image

こちらは、Photos & Videoをクリックしたところ。静止画と動画をZune HDと同期設定をおこなうことができます。

イベントやアルバム単位でまとめて同期することができます。

image

こちらは、Movies & TV Showsをクリックしたところ。Photos & Videoのビデオと何が違うのかイマイチよくわかりません。

image

こちらは、Podcatsをクリックしたところ。

image

接続したZune HDの中身をブラウズすることもできます。

image

iPhone 3GをiOS4.2にアップデート

iPod touch 2Gに引き続き、iPhone 3GもiOS4.2(iOS4.2.1)にアップデートしてみました。

image

iPhone 3GのiOS4.2.1では、iOS4.1に比べて多少もっさりが改善されたようですが劇的な変化はありませんでした。

spotlightをすべてOFFにしてハードリセットした状態でも試してみましたが、ソフトウェアキーボードのキー入力画面でキー入力や入力モードの切り替えをしようとするとレスポンスがワンテンポ遅れる(つっかかる)感じは、同じiOS4.2.1のiPod touch 2Gではみられない現象です。

iPhone 3Gを寿命まで快適に使い倒したいと考えていらっしゃる方は、iOS3.1.3で使い続けた方が良いかもしれません。

新しいiPhoneに買い換えたいところですが、iPhone 5が出るまで、ガマン、ガマン。

iPod touch 2GをiOS4.2にアップデート

日本時間の2010/11/23 AM03:00より、ようやく、iOS4.2のダウンロードが開始されました。

ということで、早速、iPod touch 2GをiOS4.2(正確にはiOS4.2.1ですが)にアップデートしてみました。

アップデート料は無料です。

スクリーンショット(2010-11-23 3.05.09)_thumb[1]

更新内容の詳細は、↓の通り。

アップル – iOS 4.2ソフトウェアアップデート

スクリーンショット(2010-11-23 3.11.05)_thumbスクリーンショット(2010-11-23 3.12.07)_thumb
スクリーンショット(2010-11-23 3.12.24)_thumbスクリーンショット(2010-11-23 3.12.36)_thumb
スクリーンショット(2010-11-23 3.12.44)_thumbスクリーンショット(2010-11-23 3.12.51)_thumb

ライセンスアグリメントに同意して、

スクリーンショット(2010-11-23 3.12.59)_thumb

ダウンロード開始。DLするだけで約20分ほどかかるようです。

image_thumb[1]

iOS4.2のアップデートは前回の4.1の時と比べてかなりスムーズにアップデート作業が進みました。

image

そしてあっけないくらい簡単にバックアップ作業も終了。

ダウンロード完了後、バックアップ作業も含めてiPod touch実機のファームウェアの書き換えが終了するのにかかった時間は数分でした。

image

ということで、めでたくiPod touch 2GをiOS 4.2.1にアップデートできました。

image

今後は、iOS4のWi-Fi接続の不具合(Wi-Fi接続するとサスペンド時でもWi-Fi接続しっぱなしになってしまいiPod touch 2Gの電池が1日持たなくなってしまう)が改善されているかを確認してみたいと思います。

iOS 4.2 リリース

待望のiOS4.2が正式にリリースされた模様です。

当方では、まだ、アップデートを確認しても、iOS4.2を見つけられないようですが、恐らく、明日のAM03:00くらいになればアップデートできるのではないかと思われます。

AppleのiOS 4.2、iPad、iPhone、iPod touchで利用可能に

アップル – iOS 4.2ソフトウェアアップデート

自分的には、iOS4がiPhone3Gでまともに使えるようになったのか否かが非常に気になっています。

iPhone/iPod touch向けのiOS4がリリース

日本時間の2010/06/22 AM02:00頃、iPhone/iPod touch向けのiOS4がリリースされました。

iPhone、iPod touch向けiOSがリリースされました☆(週刊アスキーPLUS)

自分が所有しているのは、iPod touch 2G 16GBで、現在、アップデート中です。

ダウンロードとiPod touchのデータのバックアップに時間がかかっていますが、この瞬間というのは毎度のことながらワクワクしますね。

詳細は、随時更新していきます。

スクリーンショット(2010-06-22 7.15.46)

スクリーンショット(2010-06-22 7.16.12)

<追記:2010/06/22 07:58

アップデート内容は以下の通りです。

このアップデートでは 100 を超える新機能が追加されています。
以下はその内容の一部です:

    * マルチタスキング機能が他社製アプリケーションに対応
      – マルチタスキング・ユーザインターフェイスで、複数の App を一瞬で切り替えられます
      – オーディオ用 App で、バックグラウンド再生できます
      – VoIP 用 App で、バックグラウンドで動作中またはデバイスのスリープ時に、電話を着信したり通話を続けたりできます
      – バックグラウンドで動作中の App で、位置情報を確認したり処理を開始したりできます
      – プッシュ機能およびローカル通知機能に対応した App に通知やメッセージをプッシュ送信できます
      – App のタスク処理がバックグラウンドで完了可能です
    * フォルダ機能により App の整理やアクセスがより簡単になりました
    * ホーム画面の壁紙機能
    * 「メール」の機能向上
      – 全受信メールボックスで複数のアカウントのメールがまとめて表示されます
      – 受信メールボックスの簡易切り替え表示で、複数のメールアカウントの受信メールボックスを一瞬で切り替えられます
      – メッセージのスレッド表示で、同じトピックに関してやりとりされたメールがまとめて表示されます。
      – 添付書類を互換性のある他社製 App で開けます
      – 検索結果のメールをフォルダに移動したり削除したりできます
      – 写真の添付時にサイズを選択できます
      – 送信メールボックス内のメッセージを編集したり削除したりできます
    * iBooks と iBookstore をサポート
      (App Store から入手可能)
    * 「写真」と「カメラ」の機能向上
      – 写真撮影時の 5 倍デジタルズーム
      – ビデオ撮影時のタップフォーカス機能
      – iPhone の「人々」データを同期できます
      – 位置情報が記録された写真が「写真」の「撮影地」で地図上に表示されます
    * デバイス上でプレイリストの作成と編集ができるようになりました
    * 「カレンダー」の参加以来を、サポートされている CalDAV サーバとの間でワイヤレスで送受信できるようになりました
    * MobileMeのカレンダー共有をサポート
    * Web 検索時に候補と最近の検索結果が表示されるようになりました
    * SMS/MMS のメッセージが検索可能になりました
    * Spotlight 検索で、検索結果から引き続き Web や Wikipedia で検索できるようになりました
    * 位置情報のプライバシー保護機能の向上
      – 新しい「位置情報サービス」アイコンがステータスバーに表示されます
      – 過去 24 時間以内に位置情報を要求した App を確認できます
      – 位置情報サービス機能のオン/オフを App 別に設定できます
    * 自動スペルチェック機能
    * Bluetooth キーボードをサポート
    * 「iPod out」により、互換性のある車でミュージック、Podcast およびオーディオブックを iPod インターフェイスで操作できるようになりました
    * iTunes ギフトで App を贈れるようになりました
    * IMAP メールアカウントで、メモをワイヤレスで同期できるようになりました
    * WiFi 接続がさらに安定し、より確実にプッシュ通知を受信できるようになりました
    * 新しい設定で、モバイルデータ通信機能のみをオン/オフできるようになりました
    * 新規 SMS/MMS メッセージ作成中の文字数表示オプションが追加されました
    * Visual Voicemail メッセージを、サーバからの削除後もローカルに保存できるようになりました
    * 画面の向きを縦方向でロックできるようになりました
    * オーディオ再生コントロールで、iPod および他社製オーディオ用App がコントロール可能になりました
    * 言語環境設定、ユーザ辞書、キーボードが新しくなりました
    * 編集可能なユーザ辞書が搭載され、日本語入力機能が向上しました
    * 日本語の ASCII 顔文字をサポート
    * アクセシビリティ機能が拡張されました
    * Bletooth 機能が向上しました
    * デバイスのパスコードを暗号化鍵として使用することによりデータ保護機能が向上しました
      (復元を完全に行う必要があります。)
    * 他社製モバイルデバイス管理ツールをサポート
    * エンタープライズ向け App をワイヤレスで配布できるようになりました
    * Exchange Server 2010 との互換性を実現しました
    * 複数の Exchange ActiveSync のアカウントをサポート
    * Juniper 社の Junos Pulse App および Cisco 社の AnyConnect SSL VPN App をサポート
(App Store より入手可能)
    * 1,500を超える新しいデベロッパー API
    * 問題の修正

このソフトウェア・アップデートと互換性のある製品:

    * iPhone 3G
    * iPhone 3GS
    * iPhone 4
    * iPod touch(第二世代)
    * iPod touch(第三世代)
      (32GB および 64GB の Late 2009 モデル)

追記:2010/06/22 07:58>

スクリーンショット(2010-06-22 7.22.45) 

image

<追記:2010/06/22 8:44

ファームウェアアップデートが無事に完了しました。作業が完了するのに1時間強かかりました。

今回はメジャーアップデートということもあるのでしょうが、いつものマイナーバージョンアップとは明らかにアップデートプロセスが違うような気がします。

マイナーバージョンアップの場合は、パッチをあてているような感じですが、今回のメジャーアップデートの場合は、端末のファームウェア全体を更新しているような気がします。

それと、「デバイスのパスコードを暗号化鍵として使用することによりデータ保護機能が向上しました(復元を完全に行う必要があります。)」とあり、端末のデータ(AppStoreから購入したアプリ、ミュージック、ムービーデータなど)を一度完全にiTunes側にバックアップして、その後、端末にリストアしているらしく、やたら時間がかかります。

また、写真データをiPod touchに最適化してから復元するので、iPod touchに保存しているデータ量が多い人はファームウェアアップデート作業にものすごく時間がかかると思います。

追記:2010/06/22 8:44>

<追記:2010/06/22 9:02

ざっと試してみた感じですが、iPod touch 2Gでは一目でわかるような大きな変化はなし。「マルチタスクも非対応」のようです。

わかっていたこととはいえ、やはり残念です。

これは、もうiPhone 4を買えっ!ってことですかね。。。

追記:2010/06/22 9:02>

遂にこち亀にスマートフォンが登場!

@GaAppsさんのtweetで知ったのですが、なんとあのこち亀にスマートフォン(iPhone、Xperia、Nexus Oneなど)が登場したそうです。(笑)

こち亀はこの手の情報は早いですね。

このまま一気にスマートフォンの時代が幕開けしてしまうのでしょうか。

なんだとwww on Twitpic

1qmapb[1]

マルチタスクに対応していないiPhoneアプリをそのままの設計でAndroidに移植してしまうと何が起きるのかという話

勉強になったのでメモ。

・マルチタスクに対応していないiPhoneアプリをそのままの設計でAndroidに移植してしまうと、ホームボタン長押しでタスクを切り替える、メニューからアプリのアイコンをタップして起動する、バックボタンで戻りすぎた場合、アプリの起動画面(スプラッシュ画面など)から始まってしまい、マルチタスクを前提としたAndroidでは使いづらい。

(Androidのアプリのライフサイクルを考慮して移植されていないのが原因)

・マルチタスクに対応するiPhone OS 4.0では、マルチタスクに対応したアプリとそうでないアプリが混在することになるが、Androidのように使いづらい状態になるかどうかはわからない。

(iPhone OS 4.0のFirst App Switchingは、アプリをバックグランドに移行する時は単にサスペンドするだけらしい)

 

Androidへ移植されたiPhoneアプリが残念すぎる。(携帯総合研究所)

現在のiPhoneアプリはシングルタスクをベースとして設計されているため、アプリケーションを切り替え後、再度起動した際に切り替えする前の情報が記憶されてないものがほとんどです。

まぁ、そうかも。

Androidのアプリならば画面の状態や情報などすべて記憶されます。

Androidのアプリ側で上記を意識して作る必要があると思います。

iPhone OS 4.0にてこの仕様(Fast app switching)が追加されますが、これはAPIであるため、Fast app switchingを開発者が任意で対応しないと画面の状態や情報は保存されません。(Androidではアプリのライフサイクルとしてサポートしています。この2つのアプリはクロスフォームコンパイラを用いて移植したのかそのままエンコードだけしたのかライフサイクルを守れていないと思います。)

Androidのフレームワークではアプリのライフサイクルを管理する仕組みは提供してくれますが、以下のように状態遷移に応じて適切にアプリ側で処理を行わないといけないはずなので、魔法のように画面の状態や情報が保存されるわけではないかと。(Activityの遷移の履歴をスタックとしてAndroidのフレームワークが管理してくれるのは便利ですよね)

iPhone OS 4.0の「Fast app switching」に対応したアプリでも、Androidと同じようなことをしないといけないはず。

Activity | Android Developers

Androidアプリ作成の基本“Activity”とは何か? (1/2) – @IT

03[1]

Androidのアプリでバックグラウンドに移行すると処理が止まってしまうので(ここまではiPhone OS 4.0のFast App Switchingと同様?)、バックグラウンドで独自の処理を行いたい場合は、サービスとしてつくらないといけないんですね。

Fast app switchingに対応しているアプリとそうでないアプリが混在するのは結構ストレスになりそうです。UIまで統一しているならここら辺も統一するべきだったんじゃないかなーと今更思ってみたり。

↓こちらの情報を見て初めて知ったのですが、iPhone OS 4.0のFirst App Switchingが導入されても、高速にアプリを切り替えられるだけで、Androidのようにユーザが自由にバックグラウンドで動作するアプリを作れるわけではないんですね。

iPhone OS 4.0 のマルチタスク対応

AppleInsider: iPhone OS 4.0 の内側: マルチタスキング vs Mac OS X、Android – silvervine の定点観測所

AppleInsider: iPhone OS 4.0 の内側: マルチタスキング vs Mac OS X、Android [Page 2] – silvervine の定点観測所

AppleInsider: iPhone OS 4.0 の内側: マルチタスキング vs Mac OS X、Android [Page 3] – silvervine の定点観測所

iPad購入に備える:(1)フロチャートでチェック

iPadを買おうかどうか迷っている人のためのフローチャート – GIGAZINE

こちらのエントリーの通り、自分はiPadを買うべきなのか、そうじゃないのか、フロチャートでチェックしてみました。

Ipad-Flowchart_japanese_1[1]

・iPhoneを持っている → No
・ノートPCを持っている → Yes
・いつも友達だちに「ガジェット好き」と呼ばれている → Yes
・ドブに捨ててもいい金が600ドルあるか? → Yes

診断の結果、”iPadを買うべき”となりました。

で、このフロチャートを見ると、いずれにせよ最終的には、”お金をドブに捨てる覚悟がある”=人柱、な人は買うべき、ということになるようですw

ってことは、逆に言うと、人柱以外はiPadを買うべきではない、いやお布施が足りない、ということになるのでしょうか。

ちなみに今日はiPhone OS 4.0の発表があるとか、ないとか。楽しみです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。