突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

カテゴリーアーカイブ: docomo

一度は目を通しておきたい”spモードご利用規則”

ドコモから”ご利用ガイドブック(spモード編)”というドキュメントが公開されていますが、spモードを契約する前はもちろんのこと、契約後にも一度はじっくり目を通しておきたいものです。

ご利用ガイドブック(spモード編)

http://www.nttdocomo.co.jp/service/provider/spmode/guide/index.html

特に注意したいのは、ガイドブックの一番後ろの方にある”ご利用規則”の免責事項、禁止事項等です。

超訳すると、

第6条(免責事項)

「スマートフォンは使い方によっては危ないことがあるので、くれぐれも自己責任で使ってね。ドコモは責任とらないから。」、

第8条(禁止事項)

「不正アクセス(違法)はもちろんのこと、ハックはしないでね。」ってな感じですかね。

他にもいろいろな意味で怖いことが沢山書いてあるので、twitterとかブログする人は、一度はよく目を通しておいた方が良いかもしれません。

もし万が一、なんらかの問題を見つけてしまった場合は、twitterやブログに書くんじゃなくて、とにかくドコモに連絡しましょう。

LYNX SH-10Bが故障!?

発売後すぐに入手したdocomoのSHARP製Android端末一号機、LYNX SH-10Bがどうやら故障してしまったようです。

具体的な症状としては、以下の通りです。

・数日くらい前から、ドコモ純正のACアダプタを付属の変換アダプタ、USBケーブルでLYNX SH-10Bに接続して充電しているにもかかわらず、ふと気がつくと電源が落ちてOFFになっている。

・上記の状態で充電ランプ(LED)が点灯せず、充電できない。

・上記の状態で電源が入らない。

・バッテリーを抜き差ししたり、ACアダプタを抜き差ししたり、ACアダプタや変換アダプタ、USBケーブルを違うものと交換しても症状が改善しない。

恐らく初期不良だと思うのですが、修理に出すことにしました。

修理から戻ってくるのに、だいたい2週間くらいかかるということで、spモードが始まったばかりだというのにもどかしい限りです。

SPモードの申し込み手続きは忘れずにやりましょう

明日、9/1(水)からSPモードのサービスが開始されますが、皆さん何か大事なことを忘れてませんか?

たとえ以下の対応機種を持っていて、ファームウェアアップデートを済ませていたとしても、SPモードの申し込み手続きをしないとSPモードは使えないわけです。

<SPモードの対応機種>

対応機種 | サービス・機能 | NTTドコモ

SC-01B
LYNX SH-10B
T-01A
XperiaTM SO-01B
dynapocket T-01B

通常、iモードのサービスなら、FOMAから手続きができますが、SPモードは電子的に申し込み手続きができないようです。

ではどうやって申し込み手続きをするかというと、以下の2つしかないようです。

<SPモードの申し込み方法>

お申込み方法 | サービス・機能 | NTTドコモ

(1)総合お問い合わせ<ドコモ インフォメーションセンター>に電話する。

電話番号は 151 か 0120-800-000。

(2)ドコモショップに行く。

今時、えっ?ってな感じですが、端末を改造している方は、無難に電話で申し込みですかね。

Xperiaでドコモの2in1契約しているSIMを使うと何が起こるのか試してみた

Xperiaでドコモの2in1契約しているSIMを使うとどんなことが起こるのか試してみました。

まずは、通常のFOMA端末で共通モードに設定してSIMを抜いてXperiaに差し替えます。

その後、Aモードの番号、Bモードの番号でそれぞれ電話をかけてみます。

すると、普通にどちらの番号でもXperiaは着信できます。ただ、2in1に正式に対応したFOMA端末に比べて着信するまでの時間が長くなるようです。

もちろんXperiaは2in1に非対応なので、モード毎に電話帳を持ったり、着信表示をしたりすることはできません。

Androidのモデム(rild)からAモード/Bモードのどちらの番号で電話がかかってきたのかを知ることができれば、独自の電話帳を用意するだけで非公式2in1対応アプリとか開発できそうですけどね。他にもいろいろ応用できそう。

まあ、無理なんでしょうけど。どうせドコモの独自仕様のネットワークサービスなんだろうし。。。

チリ大地震の津波でiコンシェルが大活躍!?

チリ大地震の影響で、今日は一日、テレビでも津波の話題一色。

ドコモが提供している行動支援型サービス「iコンシェル」でも、津波情報、津波に伴う交通機関の情報が頻繁に通知されました。

image

今日は日曜日だったので、電車での外出はなかったので特に困りませんでしたが、平日なら大変なことになっていたところでした。電車って意外と水害系に弱いんですね。

実際、電車の運休情報が伝えられたところで、外出先ではどうにもならないわけですが、 携帯のおかげで非常に便利な時代になりました。

HT-03A、1.6バージョンアップでSIMロック解除対策されるも、またもや解除されたようです

↓こちらの情報によると、HT-03Aが1.6バージョンアップでSIMロック解除対策が施されたようです。

検索結果 – HT-03A SIM解除

SIMロック解除研究室

ドコモHT-03AはAndroid 1.6へのバージョンアップでSIMロック解除対策が施されました。
既に解除済みの方はバージョンアップしないでください。ロックされます。
バージョンアップ通知が煩わしく感じる方はご相談ください。

ドコモHT-03Aは解除コードの入力で簡単に解除可能です。(Andoroid 1.6は不可)

が、しかし、2009/12/07の情報によると、費用アップで解除できるもようです。。。

http://www.mlc-trading.com/simfree_infomation.html

※HT-03AはSOFTWEARバジョン 1.5は1日
VERSION 1.6は約3日かかります。(¥x,xxxUP)

ご依頼豆知識; HT-03AのVERSIONが1.5の場合解除後1.6にVERSION UPしてお渡しいたします。(しないとネット接続時 VERSION UPの要求が毎回でる。)

解除後のVERSION UPは問題ありません。
VERSION 1.6以上(1.6はOK)のVERSIONが出た場合、VERSION UPしないでください。

iモード関連のセキュリティ問題

iモードブラウザ自体の問題ではあるものの、iモード向けにサービスを提供している人は以下の情報に注意してサイトを構築する必要があるということです。 この投稿の続きを読む

HT-03AのSIMロックが解除されたようです

ドコモのAndroid端末のHT-03AがSIMロック解除できるようになったようです。

真偽のほどは定かではありませんが、そりゃ出来るでしょうね。HTCの端末だし・・・。

docomo HT-03A完全SIMロック解除作業

HT-03AのSIMロック解除サービス。解除料は6,300円?

HT-03Aロック解除成功MOUMANTAI~店長青山の”ブルマン”ブログ~

追記:2009/07/30

MOUMANTAI~店長青山の”ブルマン”ブログ~によると、HT-03AのSIMロック解除サービスが始まれば、↓のページに告知されるのではないかと思われます。

Openline / Unlock Your Phone!

こちらの情報によると、ドコモの海外端末メーカ製モデル(Motorola, NOKIA, HTC, LG, BlackBerry)はほぼ全てSIMロック解除できるようです。

正直、凄すぎる・・・。

追記:2009/07/31

HT-03AのSIMロックが解除されたようです

なんとあけはらさん自ら人柱となって、HT-03AがSIMロック解除できることを確認されたそうです。

ドコモ版Android Market、ドコモマーケットを2010年度に提供、Windows Mobileでもなんでもあり

がくさんのブログ(taosoftware)で、ドコモがドコモ版Android Market、ドコモマーケットを2010年に提供すると発表したことを知りました。

Taosoftware: ドコモがAndroid用ソフト配信サイトを立ち上げると表明

ポイントは、ドコモマーケットは、Android用アプリケーションに限らないということ。

すげ~♪

Androidでも、Windows Mobileでも、将来ドコモが販売してくれるかもしれないPalm Preでも、ひょっとしたらBlackBerryでも、スマートフォン用アプリケーションならなんでもどんと来い!ってところが画期的なのです!

 

NTT的に言うと「マルチベンダー」対応!ということになるのでしょうかw

 

ドコモマーケットの発表については以下が詳しいです。

ドコモ、スマートフォン向けソフト配信 収益確保へ専用サイト新設(フジサンケイ ビジネスアイ) – Yahoo!ニュース

山田社長は、グーグルやマイクロソフトのOSが搭載されるドコモ向け端末では「ドコモがソフトの流通を管理する専用サイトを立ち上げる」と言明した。サイトは今年度中に試験版を立ち上げたうえで、来年度から商用サービスを始める見込みだ。

「作ろうiモードコンテンツ」サイトならぬ「作ろうAndroidコンテンツ」サイト公開

iモードの場合は、「作ろうiモードコンテンツ」という技術者向けの公式サイトがありますが、Android版の「作ろうAndroidコンテンツ(仮)」サイトが公開されました。

これまで、Androidの情報というと、Google公式のサイトか、有志によるコミュニティサイトだけでした。

ですが、ABC2009Springの基調講演でも力説していた通り、ドコモが積極的にAndroidの情報を積極的に公開していくというのは本当でした。

 

Android|開発者様用技術情報|ドコモスマートフォンサイト | NTTドコモ

公開されている主な情報は、今のところ以下の通りです。(2009/07/03現在)

Android|開発者様用技術情報|ドコモスマートフォンサイト | NTTドコモ

 

スタートガイド|Android|開発者様用技術情報|ドコモスマートフォンサイト | NTTドコモ

Android SDK, JDK, Eclipse, ADTなど一通りのAndroidアプリケーションの開発環境を揃えて、Androidアプリケーションを開発してデバッグするまでの簡単なリンク集になっています。

外部リンクですので、情報はほとんど英語ですが、オープンソースならではといった感じでしょうか。

 

開発情報リンク|Android|開発者様用技術情報|ドコモスマートフォンサイト | NTTドコモ

Android Developers
Android-SDK-Japan | Google グループ
日本Androidの会 | Google グループ
Android 入門 | テックファーム
はじめに|ポケット羅針盤|Android|開発者様用技術情報|ドコモスマートフォンサイト | NTTドコモ

ここも上記とほぼ同じですが、ドコモ独自のコンテンツとして、テックファームによるAndroid入門に要注目です!

それと、テックファームとアストロアーツ、ドコモが協力して開発したと言われている「ポケット羅針盤」アプリを他のプログラムから連携して使用する方法などが解説されています。

 

FAQ|Android|開発者様用技術情報|ドコモスマートフォンサイト | NTTドコモ

ドコモが販売するHT-03Aに限ったFAQになっていて、iアプリとの違いをさりげなく解説するようなスタイルになっているような印象を受けました。

それと、共通の話題として、Android MarketにAndroidアプリを登録して配布する際の事務手続き、費用面の話などが解説されています。Android Marketに関してはドコモはノータッチというスタンスなんですね。

 

で、FAQを読んでいてあれっ?と思ったこと。

Q.1つのAndroid向けアプリケーションが使用できるメモリ容量はどの程度ですか?

A.答えアプリケーションが利用できるメモリ容量に制限はありません。ただし、一度に多くのメモリを使用しますと、動作が不安定になるか動作しない恐れがあります。
詳しくはAndroidの技術情報ページをご覧ください。

Q.Android向けアプリケーションの実行ファイルのサイズについて制限はありますか?

A.答え制限は16MB(RAM)です。この制限は現段階のものであり、将来的には変更される可能性もあります。

上記の記述は紛らわしくてちょっとユーザが誤解を受けそうです。

通常、Androidでは、使用できるメモリ容量(RAM)は制限がないはず。でも、上記によると、Androidアプリケーション(.apk)のファイルサイズは16MBとあります。

.apkファイルのサイズ制限があったとは初耳なのですが、本当なのでしょうか?

ということで、今後の展開が期待大です!

追記:2009/07/06

安藤恐竜さんよりコメントを頂きました。

同時起動できるアプリ数を稼ぐために、今のところDalvikでアプリのheapは16MBに制限されてます。
http://groups.google.com/group/android-framework/msg/cda4cd5d5da2b2d8

同時起動できるアプリ数を稼ぐために、Dalvik上で動作するアプリのヒープサイズは16MBに制限されているのですね。

でも、ファイルサイズに制限がある点については謎のままです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。