突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

玄箱ProでDebian squeeze/wheezyのアップデートする際の注意点

2011/03/11の震災で1台目の玄箱Proが故障してしまい、1年近く自宅にサーバーのない生活をしてきましたが、あまりに不便なため、2台目の玄箱Proを引っ張り出すことにしました。

2台目の玄箱ProにはDebian wheezyを自前でインストールしていたのですが、aptitude update; aptitude full-upgradeを実行して最新の状態にアップデートしたところ、悲しいことに正常に起動できなくなってしまいました。。

ブート時のエラーメッセージを見ると、udevが延々とエラーメッセージを吐いており、原因を調べてみたところ、Linuxカーネルが古く、カーネルのコンフィグが足らないせいのようです。

非公式のDebianインストーラを使用している限り、またこのような悲劇が起こるので、何か他の良い方法がないか探してみたところ、Debian本家が正式に玄箱Proに対応していることが判明しました。

玄箱ProでDebianをインストールする公式ガイドがあり、以下のサイトに従ってDebian公式インストーラでDebianをインストールすれば良いようです。

http://www.cyrius.com/debian/orion/buffalo/kuroboxpro/

非公式のDebianインストーラで玄箱ProにDebianをインストールしてしまうと、Debian本家のバージョンアップに追従するのが辛くて挫折しがちになりますが、Debian公式のインストーラでDebianをインストールすれば、安心して最新の状態にバージョンアップすることができるかもしれません。

ということで、近いうちに時間を見つけてセットアップしようと思います。(つづく)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。