突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

Mac OS XでMicrosoft Officeを駆使するにはマウス選びが重要

OS X 10.7.1 Lionで、旧バージョンのMicrosoft Office 2008を使っています。

Windows版のPowerPointでは、複雑な図を編集していてもなんら問題なく快適に作業が行えるのに、なぜかOS X版では、オブジェクトをマウスで選択しただけなのに勝手に動いてしまう、画面をスクロールしていまう、ページが変わってしまうなど、不可解な現象が起きます。

OS X版のPowerPointで長時間作業をしているとストレスが溜まります。

これまでずっと、Windows版に比べてOS X版のPowerPointの出来が悪いから上記のような症状が起きると思っていたのですが、そうではありませんでした。

Apple製のマウス(Apple Wireless Mighty Mouse, Magic Mouse)のチャタリングが原因だったのです。

ちなみに、LogicoolのVX Nano Cordless Laser Mouse for Notebooks(M-RCJ134)では上記のような現象は全く起こりません。

長らく、OS X版の不可解なPowerPointの挙動に悩まされて、MacでMicrosoft Officeを使うのを避けてきましたが、これで本格的に仕事の資料作成をMacで行うことができるようになりそうです。(^_^)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。