突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

ThinkPadT42でDebian:Debian 6の電源管理の謎について

Linuxでの電源管理は、伝統的に、acpid, acpi-support-base, acpi-supportで行われているようですが、Debian 6のグラフィカルログイン環境では、gnome-power-managerによって電源管理が行われるようです。

つまり、acpiの設定をいくら行っても、gnome-power-managerの設定を行わないと反映されないというわけです。

Debian/etch で Gnome Power Managerをつかってサスペンドする の情報によると、

従来の場合は、すべてacpidで電源管理の処理が行われます。

(acpiのイベント)

=> acpid でフック

=> イベント種別から /etc/acpid/events 以下の設定でスクリプトを選択

しかし、グラフィカルログイン環境では、acpidで処理された後、gnome-power-managerで電源管理の処理が行われるようです。

(acpiのイベント)

=> acpid でフック

=> acpi-support パッケージにより、キーイベントに変換され、/dev/inputXに渡される。

=> Xサーバ君がキーイベントを受ける

=> gnome-power-manager がキーイベントを受け取り?、    ディスクトップのユーザ設定に応じて処理を決めて、    サスペンド/ハイバネーションの要求を〜する。

ということで、Debian 6でgnomeのグラフィカルログイン環境での電源管理は、acpidだけではなく、gnome-power-managerでも管理されているということを理解する必要があります。

詳しくは以下をご覧下さい。

ThinkPadT42でDebian:リッドクローズドモードで使う

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。