突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

MacBook Early 2009のメモリを4GBから8GBに増設してみた

VMware Fusion 3上で動作するWindows Live Writer 11の動作があまりに遅くて、使う気になれないので、一念発起してMacBook Early 2009(初代アルミ)のメモリを4GBから8GBに増設してみました。

 

アマゾン経由で上海問屋から以下の4GBのメモリを2枚購入。

一枚の値段が6,999円なので、合計13,998円ですよ。安い!

 

<SAMSUNG ORIGINAL ノートパソコン用メモリ SODIMM DDR3-1066 PC3-8500 4GB>

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0040IU242

 

上記のメモリをMacBook Early 2009に装着したところ、一発で8GBを認識し、問題なく使用できています。

 

で、その効果たるや、めちゃくちゃすごいことになっています。

まず、Mac OS X Snow Leopard 10.6.4自体の起動が早くなり、アプリがきびきびと動作して、レインボーカーソルが出にくくなりました。(これは想定の範囲内)

そして、VMware Fusion 3のゲストOSのWindows 7 Ultimate 32bitに割り当てるメモリを1GBから、Windows 7 Ultimate 32bitが認識できるメモリ上限の約3GBに変更してみたところ、とても仮想マシン上で動作しているとは思えないくらい軽快に、Windows Live Writer 11が動作するようになりました。

いやぁ~、メモリが4GBから8GBに増えると、別次元ですね~♪ 全然ストレスを感じないです。

高々1万数千円の出費でこれだけのパフォーマンスアップが得られるなら非常に安いと思います。

ということで、是非、8GBへのメモリ増設をオススメします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。