突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

XperiaでMedia Goを試してみた

Xperiaをミュージックプレイヤーとして使ってみよう、ということでソニー製のMedia Goを試してみました。

気になるMedia Goの出来ですが、”日本語対応したZune software並の出来”といった感じで、iTunesと比べて処理が重く、以下の点が使いにくいです。

参考:Zune HDを試す(3)Zune Softwareを使ってみる « 突然消失するかもしれないブログ

(1)ライブラリへ音楽ファイルを直接ドラッグ&ドロップできない

※Zune softwareではドラッグ&ドロップができる。

ライブラリを右クリック→「ライブラリフォルダの管理」→「フォルダの追加」でフォルダ単位での音楽ファイルの登録しかできない。

(2)作成したプレイリストへ音楽ファイルを直接ドラッグ&ドロップできない

一度、ライブラリに音楽ファイルを登録した後でないと、プレイリストに音楽ファイルを登録することができない。

ライブラリに登録されている音楽ファイルを選択し、新規あるいは事前に作成したプレイリストに曲を「移動」することでプレイリストに曲を追加する。(異なるプレイリストに同じ曲を重複して追加することは可能)

(3)作成したプレイリストの表示がソートされない(できない)

※Zune softwareでは(多分、)ソートされる(できる)。

プレイリスト内の曲順はソートすることができる。

(4)ライブラリ上にフォルダが作れない

これらの特徴は、Zune softwareと類似しており、やはり、大量の音楽ファイルやプレイリストを扱うことを想定して設計されいない印象を受けます。

 

<おまけ>

Media Goは、Windows版しかないので、VMware Fusion上のWindows7にインストールしました。

以下のサイトから最新版のMedia Goをダウンロードします。

Media Go: ダウンロード – Sony Media Software and Services Inc.

言語は日本語を選択。

WS000038

ライセンスに同意して、

WS000039

カスタムインストールを選択。

WS000040

カスタムインストールで選べるのは、インストール先のフォルダだけです。

WS000041

WS000042

無事にインストール完了。Visual C++ベースで開発されているんですね。

WS000044

 

いよいよMedia Goを起動。初回起動時は、セットアップアシスタンスが自動的に起動されるので、初期設定を行います。

WS000045 

WS000046

ここで、Media Goで使用する機器(Xperia, PSP)を選択します。スキップしてしまっても、あとで、セットアップアシスタンスを呼び出すこともできます。

WS000047

WS000048

こちらが、Media Goの実行画面です。iTunesとWindows Media Playerを足して2で割ったような感じのデザインになっています。あまりクールじゃないです。。。

image

最新版をインストールしたにもかかわらず、いきなりMedia Go ビデオ再生エンジンのアップデートが表示が。はいはいアップデート。

WS000051

WS000052 

Media Goを終了して、再度、起動しようとすると、「現在、Media Goの別のインスタンスをシャットダウンしています。」と表示されて、しばらく(1分くらい?)放置しないとMedia Goを起動できません。

WS000053

ライブラリに音楽ファイルを登録したばかりの時や、Xperiaに音楽ファイルを同期しはじめたばかりの時にこの症状が出るようなのですが、どうしても実行しなければならない中断処理、あるいは、終了処理があるのであれば、処理が終わるまでウィンドウを閉じない方が良いような気がします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。