突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

Mac OS Xのアンチウィルスソフト:情報収集

Mac OS XというとWindowsと比べて圧倒的に普及率が低いせいかウィルスの数も少ないらしいので、現状ではWindowsほどウィルス対策を考える必要もないような気もするのですが、WindowsからMacに本格的に移行し始めるとそうもいかなくなってきました。

というのは、Windowsでメールを受信するとアンチウィルスソフトが頻繁に反応するし、popfileでほぼ確実にスパムメールとしても捕捉されます。

それに対して、MacOSでメールを受信してもアンチウィルスソフトを入れていないので普通に受信されるし、MacOS標準のMailでは迷惑メールフィルタも平気ですり抜けてしまいます。

ウィルス付きメールの大半はWindows向けなので、MacOSで受信しても大抵の場合、実害はないのですが、間違ってWindows向けにメールを送ってしまったりすると危険だし、迷惑がかかってしまいます。

そこで、MacOS用のアンチウィルスソフトを導入してみました。

有料のものだと、以下がメジャーなようです。

Kaspersky Anti-Virus for Mac
Norton AntiVirus for Mac
ウイルスバスター
ウイルスバリア
avast! Mac Edition(英語版)

フリーのものだと、以下の2つに絞られます。

iAntiVirus – Free AntiVirus for Mac
ClamXav

どれを選ぶか難しいのですが、自分の場合「MacOSの保護よりも、MacOSを経由してWindowsが侵されるのを防ぐことを優先したい」ので、恐らくフリー版で十分と考えました。

ところが、それぞれ一長一短、得手不得手があるようで、iAntiVirusはMacOS用のウィルスは検出できるようですが、Windows用のウィルスは検出できないようです。

また、ClamXavは逆にWindows用のウィルスには強いようですが、MacOS用のウィルスは弱いようです。

ということで、iAntiVirusとClamXavを併用することにしました。

尚、MacOS自体の保護を優先するのであれば、有料のものを導入した方が良いと思います。

詳細は次のエントリーで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。