Windows7のパスワードリセットディスクの作成

Windows7でパスワード認証に何度も失敗すると自動的にアカウントがロックされてしまいます。

また、Administratorはセキュリティのためか”アカウントを無効にする”のチェックが入っておりデフォルトでは無効にされているため、ログオンすることができません。

WS000016

管理者権限を持ったアカウントを手動で複数登録している場合はよいですが、もし1つしか登録していなかった場合、アカウントがロックされてしまうとにっちもさっちもいかなくなってしまいます。

BitLockerで暗号化していようものなら、ハードディスクを取り出してデータを救出することもできなくなってしまいます。(ていうか実際はまりました・・・)

ということで、Windows7のパスワードリセットディスクを作成することを強くおすすめします。

パスワードリセットディスクの作成方法は簡単。

コントロール → ユーザーアカウント → パスワードリセットディスクの作成か、スタートメニューのプログラムとファイルの検索で、「パスワード リセットディスク」で検索して、パスワードディスクの作成ウィザードを実行します。

パスワードディスクは、アカウント1つにつき1つのUSBメモリが必要になります。USBメモリが勝手にフォーマットされたりすることはないのでご安心を。

ウィザードに従っていくだけで簡単に作成できます。

WS000011

USBメモリのドライブを選択します。

WS000012

現在ログインしているアカウントのパスワードを入力します。

WS000013

リセットディスクといっても、ルートディレクトリに1つのファイルが作成されるだけです。

WS000014

パスワードリセットディスクが無事に作成されたら作業は終了です。

WS000015

広告

Windows7のパスワードリセットディスクの作成” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中