Debian SqueezeのSquidが何かおかしい?【未解決編】

Debian Squeeze on kuro-box pro経由で、例えば、特定のURLにアクセスしようとするとアクセスできないだけでなくsquidの負荷がどんどん上がっていきフリーズ状態になります。一方、Ubuntu9.0.4のSquidでは全く問題なし。

例:http://dl.google.com/android/android-sdk-windows-1.5_r3.zip
(Android SDK)

Debian Squeeze on kuro-box pro

squid-langpack 3.HEAD.20090706-1 Localized error pages for Squid
squid3 3.0.STABLE18-1+b1 A full featured Web Proxy cache (HTTP proxy)
squid3-common 3.0.STABLE18-1 A full featured Web Proxy cache (HTTP proxy) – common files

Ubuntu-9.0.4

squid 2.7.STABLE3-4.1ubuntu1 Internet object cache (WWW proxy cache)
squid-common 2.7.STABLE3-4.1ubuntu1 Internet object cache (WWW proxy cache) – common files

 

先日大量に更新されたDebian Squeezeのsquid3のパッケージが原因だと考えられるためsquid3のパッケージを再ビルドしてみました。

apt-get –b source squid-langpack
apt-get –b source squid3

パッケージのビルドに必要なパッケージが入っていれば上記のコマンドでビルドできるわけですが、パッケージが足りないというエラーが出た場合は以下を実行。

# 基本開発環境のインストール
# apt-get install build-essential fakeroot devscripts

# squid3パッケージをビルドするのに必要なパッケージのインストール
# apt-get install libldap2-dev libpam0g-dev libdb-dev sharutils dpatch libsasl2-dev libcppunit-dev libkrb5-dev comerr-dev

kuro-box proのセルフ環境だとCPUがARM9で処理能力が貧弱なせいか、ビルドにすごく時間がかかります。

ビルドが終了したら、生成されたパッケージをインストールします。

# dpkg –i squid-langpack_3.HEAD.20090706-1_all.deb
# dpkg –i squid3-common_3.0.STABLE18-1_all.deb
# dpkg –i squid3_3.0.STABLE18-1_armel.deb

 

結果はというと、見事に玉砕。改善されませんでした。。。

こりゃ、パッケージに頼らず一からやるしかないかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中