突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

Symbian版AppStore「Symbian Horizon」、2009年10月にサービス開始

Symbian Foundationが、Symbian版AppStoreとなる「Symbian Horizon」を2009年10月にサービス開始するとしています。

「Horizon」ときくと、昔、中学の英語の教科書で使った「NEW HORIZON」を思い浮かべてしまった人はいないでしょうか?w

Symbian、アプリケーション公開プラットフォーム「Horizon」を発表 – ソフトウェア – ZDNet Japan

さて、本題に入る前に、旧Symbian社とSymbian Foundataionとの関係についてがよくわかりません。

英国を拠点とするSymbianは、2008年のNokiaによる買収以降、非営利団体となってSymbian Foundationを設立しており、

旧Symbian社はNOKIAに買収されて、Symbian Foundationを設立したとあるのですが、非営利団体って会社なのでしょうか?

http://www.symbian.org/jp/about/about_site.php

Symbian Foundationは、現在Nokiaグループの一員となっているSymbian Limited社、もしくはSymbian Software Limited社の関連会社ではありません。

でもこちらによると、Symbian Foundationとは異なる、Nokiaグループの会社でSymbian Limited社、Symbian Software Limited社がいるんですよね。

Symbian HorizonのHPが、Symbian FoundatationのHP内にあるので、Symbian Horizonの運営はSymbian Foundationが運営するのだろうと判断したのですが自信がありません。

ようやく本題。記事によると、Symbianが抱える問題点は、以下の2つ。

  • (1)バリエーション豊富なSymbain端末で動作するアプリケーションを開発するのは大変。
  • (2)知名度の高いアプリケーションストアがない。

(1)はWindows Mobileや今後のAndroidでも起こる共通の問題。

(2)はアップルのAppStore、GoogleのAndroid Market、マイクロソフトのWindows MarketplaceがじりじりとSymbianの地位を脅かし始めている良い証拠なのではないかと思われます。

それを裏付けるデータとして、Symbianは、2007年のスマートフォン市場世界シェアが70%だったのに、2009年は50%と、わずか2年で20%もシェアを減らしています。ちなみに、アップルはスマートフォン市場世界シェア10%。

また、スマートフォンの革新的な中心地となりつつある北米では、Symbianのシェアは5%でギャップが非常に大きくなっています。

SymbianというかNOKIAが焦るのも無理はありませんね。

そこで、Symbian Foundatationが打ち出したのが、デベロッパー支援のための「Symbian Horizon」というサービスです。

Symbianは、以前開発を示唆したことのある同プログラムを、本の出版社やレコード会社に例えている。これは、開発者向けのワンストップショップであり、開発者らはそこで、携帯電話事業者やメーカーが提供する一連の携帯電話用アプリケーションストアにリーチし、見返りとして利益を得る。2009年10月にローンチ予定のHorizonでは、技術的な開発問題や言語翻訳に対する支援も提供される予定である。

上記によると、Symbian Horizonにより、Symbian端末ユーザ向けのポータル的なアプリケーションストアを提供し、携帯電話事業者や携帯電話端末メーカが提供する独自のストアへのハブサイトのような役割を果たすようです。

英国を拠点とするSymbianは、2008年のNokiaによる買収以降、非営利団体となってSymbian Foundationを設立しており、同プログラムに対し一切課金しない。

唯一の条件は、開発者は本当に良質のアプリを作成する必要があるという点だ。どのアプリが公開に十分に良質であるかは、Symbian Foundationが選定する予定である。

「小規模でスタートし、最初は限られた数のアプリのみを扱う」とSymbianのウェブページには記されている。しかし、同団体はブログ投稿で、「できる限り多くのアプリへの対応に向けてこのプログラムを拡大できるように、この作業を自動化するシステムを開発すること」が目標であると述べている。

Symbian Horizonは手数料無料だけどSymbian Foundationが審査を行うんですね。まぁ一連の作業は自動化することを考えているらしいので、将来的には現在のように審査といっても有名無実になるのでしょうか?

Symbianでは、Symbain Signedと呼ばれる署名チェックサービスがすでに提供されており、Symbianの署名がなければSymbian OS 9以降のPlatform Security(PFSec)機能により特権APIが使用できないようになっています。

現状ではアプリを審査して署名を付与できるのはあくまでSymbainだけですが、今後は、携帯電話事業者や携帯電話端末メーカが独自にアプリを審査したり署名による携帯電話端末へのアプリケーションのインストールをコントロールできるようになるのかどうかが気になるところです。

ということで、Symbain以外の状況をざっくりまとめてみました。

  審査 アプリ署名 特権APIの使用 配布元 その他
Symbian オプション オプション ・Symbian Signedによる審査、署名が必須。
・特権APIによっては端末メーカのみ使用可能なものがある。
・制限なし
・Symbian Horizonを提供予定
・Symbian Horizonは手数料無料だが、審査あり。
WM オプション オプション ・MSによる審査、署名が必須。
・特権APIによっては端末メーカのみ使用可能なものがある。
・制限なし
・Windows Marketplaceを提供定
・Windows Marketplaceは年間手数料が必要。
・売り上げにつき30%の手数料。
iPhone 必須 必須 AppStoreのみ ・AppStoreは年間手数料が必要。
・売り上げにつき30%の手数料。
Android なし 必須
※開発者署名でもOK。
・特権APIによってはGoogle、端末メーカのみ使用可能なものがある。 ・制限なし
・Andriod Marketあり
・Android Marketのアプリ開発者登録時手数料のみ必要。
・売り上げにつき30%の手数料。
EZアプリ(BREW) 必須 必須 ・auによる審査、署名が必須。
・特権APIによってはau、端末メーカのみ使用可能なものがある。
EZwebのみ 手数料必要?
iアプリ
FOMA
(Symbian端末)
オプション 不要 ・iアプリDXは、ドコモによる審査が必須。
・iアプリDXの特権APIによってはドコモ、端末メーカのみ使用可能なものがある。
・iアプリDXでは、署名の代わりにドコモ専用のサーバにのみ配置できるSDFファイルが必要。
手数料必要?
ネイティブアプリ
FOMA
(Symbian端末)

(ネイティブアプリをインストールできない)

(ネイティブアプリをインストールできない)

(ネイティブアプリをインストールできない)

(ネイティブアプリをインストールできない)

(ネイティブアプリをインストールできない)

誰がアプリの配布と端末へのインストールのコントロール権を握っているかがポイントで、次のような傾向があると考えられます。

  • 既得権のある携帯電話事業者であるauやドコモは、既存のアプリケーションサービスについては携帯電話事業者が全てをコントロールできる。
    ただし、新たなアプリケーションサービスについて端末ベンダー、OSベンダーを完全にコントロールするのは困難。
  • 端末ベンダーでありOSベンダーでもあるアップルは全てのコントロール権を握っている。(現状、最強の組み合わせ)
  • OSベンダーだが端末ベンダーではないSymbian, Microsoftは、携帯電話事業者、端末ベンダーを完全にコントロールするのは困難。
  • (今のところ)OSベンダーでもなく端末ベンダーでもないGoogleは、ほぼオープン路線。

こうしてみてみると、Googleは、携帯電話をPC化、携帯電話事業者を土管化して、既存の制約を撤廃し、いかにGoogleのネットワークサービスを携帯電話ユーザに使わせるかを狙っているとしか考えられません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。