突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

Windows XPでIPv6をインストールしようとすると拡張エラー(0x800704b8)が出てインストールできない

三連休の初日、普段なかなかできないことをやってみようということで、フレッツスクウェアのIPv6のサイト(flets-v6.jp)を見られるようにしてみようと設定してみました。

Windows XPでIPv6をインストールするには、コマンドプロンプトで以下を実行するだけ。細かな設定はGUIからは出来ません。

@IT:特別企画:Windows XP SP1がIPv6を実装 – Page.2

netsh interface ipv6 install

ところが、上記を実行しようとすると、「拡張エラー(0x800704b8)」が出てインストールできません。

ですが、解決策があります。

WindowsXP で IPv6 インストールしようとしたらError 0x800704b8 でインストールできなかった

Windows XPのesentutlコマンドを使用してsecedit.sdbのチェックと修復をすれば拡張エラーを回避できます。

具体的には、以下の操作を行います。

cd C:\WINDOWS\security\Database

#チェック
esentutl /g secedit.sdb

#修復
esentutl /p secedit.sdb

この後、以下を実行すれば、無事にIPv6が組み込まれます。

netsh interface ipv6 install

 

これでめでたくflets-v6.jpが見られるようになりました。

ところで久しぶりにフレッツスクウェアを覗いてみたのですが、なんだかとてもつまらないサイトになってしまってますね。有料コンテンツばっかりでがっかり。

Windows XPでIPv6をインストールしようとすると拡張エラー(0x800704b8)が出てインストールできない」への1件のフィードバック

  1. Goro 12月 5, 2012 10:02 am

    同じエラーで、困っていたので助かりました。フレッツでなくfeel6@dtiですが…
    どうもありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。