突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

Android 1.5 SDK, Release 3 リリース、日本語入力変換/iWnnにも対応、一部のpermissionが適切にチェックされていなかった問題も修正

まだ公式のAndroid Developers Blogには、アナウンスがないようですが、Android 1.5 SDK, Release 3がリリースされました。

ようやく日本語入力もできるようになりましたが、セキュリティ的には不安が残るアップデートも行われています。

う~ん、Androidのセキュリティ的な売りの1つであるpermission関連の実装が実は怪しいんじゃないかと心配になってきました。

 

Android 1.5 SDK, Release 3 | Android Developers

さてさて、なんといっても、衝撃的なのは、iWnnが無料でついてくること。

ただ、表記が「iWnn」ではなく「Japanese IME」になっているところが気になるところです。

iWnn on Android SDK

ということで、これからは、Android SDKからJapanese IMEを抜き出すことが可能になりますね。

抜き出し方はこちら。

GDDフォンの中身をざっと覗いてみた(9)GDDフォンからアプリを抜き出してみる(成功編) « 突然消失するかもしれないブログ

 

Android 1.5 SDK r3のリリースノート。

Android 1.5 SDK, Release 3

Provides an updated Android 1.5 system image that includes permissions fixes, as described below, and a new application — an IME for Japanese text input. Also provides the same set of developer tools included in the previous SDK, but with bug fixes and several new features.

主なアップデート内容は、「permission」の修正、日本語入力のためのIMEの提供。それ以外のツールは変更はなくバグフィックスと機能追加。

 

Permissions Fixes

The latest version of the Android platform, deployable to Android-powered devices, includes fixes to the permissions-checking in certain areas of the framework. Specifically, the Android system now properly checks and enforces several existing permissions where it did not do so in the previous release. Because of these changes in enforcement, you are strongly encouraged to test your application against the new Android 1.5 system image included in this SDK, to ensure that it functions normally.

In particular, if your application uses any of the system areas listed below, you should add the required permissions to the application’s manifest and then test the areas of your code that depend on the permission-protected services. Even if you believe your application does not use the permissions-protected services, you should compile and test your application under the latest platform version to ensure that users will not encounter problems when using your application.

以前のバージョンのAndroidではいくつかのpermissionのチェックが適切に行われていなかったが、 最新のバージョンでは適切にpermissionのチェックが行われるようになったとのこと。(棒)

気がついてましたけど、ずさんというか、Androidにセキュリティを求めるのは無理なのかもしれませんね・・・。

 

The changes to permissions are as follows:

    * When an application requests access to device camera (through android.hardware.camera), the CAMERA permission check is now properly enforced.
    * When an application requests access to device audio capture (through android.media.MediaRecorder), the RECORD_AUDIO permission check is now properly enforced.

For more information, see the issue described in the oCert advisory below:

http://www.ocert.org/advisories/ocert-2009-011.html

以前のバージョンでは、カメラ、音声の録音に関するpermissionは、チェックされていませんでしたが修正されました。(ソースコード見ていると他にも怪しいところが結構あるような気がするんだけど・・・)

Android携帯電話で、ファームウェアのバージョンアップをしないで使い続けるのはWindowsと同じように非常に危険だと思います。

 

Resolved Issues, Changes 

    * The SDK includes a new version of the Google APIs add-on. The add-on provides an updated com.google.android.maps external library that fixes compile errors related to certain classes such as GeoPoint. For information about the Google APIs add-on and the library it provides, see:

http://code.google.com/android/add-ons/google-apis

Google APIの新しいバージョンに対応。

    * The SDK add-on architecture now lets device manufacturers specify a USB Vendor ID in their add-ons.

SDKのアドオンアーキテクチャで、デバイスの開発者が、アドオンの中でUSBのベンダーIDをを指定できるようになりました。

    * The android tool provides a new command that scans SDK add-ons for their USB Vendor IDs and makes them available to adb (OS X and Linux versions of the SDK only). The command is android update adb. On Windows versions of the SDK, a custom USB driver is included that supports the "Google" and "HTC" Vendor IDs, which allow adb to recognize G1 and HTC Magic devices. For other devices, contact the device manufacturer to obtain a USB driver, especially if you have an SDK add-on that defines a new USB Vendor ID.

訂正:2009/07/18 22:50 英語が読めてませんでした。adakodaさんありがとうございます。

[Android] Android 1.5 SDK, Release 3 – adakoda

すでに「android」というコマンドラインのツールが提供されていますが、Mac OS XとLinux版ではだけのようですが、PCにAndroid端末をUSB接続した際に必要になるSDKのアドオンをadbコマンドが自動でスキャンしてインストールしてくれるようになったようです。「android update adb」と実行することで、自動的にスキャンしてインストールすることができるようになりました。

その後、「android kill-server」→「android start-server」を実行して、adbの常駐プロセスを再起動すれば、adbコマンドで新しいUSBドライバのアドオンが使用できるようになります。(つまり、adbコマンドでUSB接続した新しいAndroid端末を認識できるようになります)

今後、続々Android端末が登場するらしいのでこれで安心ですね。

Windows版は自分でドライバを探してインストールする必要があるようなので、ちょっと不便かもしれません。マイクロソフトがドライバのサポートをWindows Updateでしてくれるとも思えないので。

    * The telephony, sensor, and geo fix issues in the emulator are now fixed.

エミュレータ環境でのテレフォニー、センサー、位置情報関連のバグフィックス。

    * When you use adb to uninstall an upgraded application, the Android system now properly restores any permissions that had already been granted to the previous (downgrade) version of the application

adbコマンドを使用してアップグレードしたアプリケーションをアンインストールした際に、前の(ダウングレード)バージョンにすでに付与していたpermissionをAndroidのシステムが適切に復元するようになったようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。