突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

2009年内に発売予定のNTTBPのSIMスロット+6時間バッテリー搭載の「どこでも無線LAN」事前モニター募集に申し込んでみた

NTTBPがSIMスロット+6時間バッテリー搭載の「どこもでも無線LAN」を2009年に発売するそうです。

2009年内に発売予定、事前モニター500人募集:SIMスロット+6時間バッテリー搭載の「どこでも無線LAN」機器、NTTBPが開発 (1/2) – ITmedia +D PC USER

エヌ・ティ・ティ・ブロードバンド・プラットフォーム(以下、NTTBP)は7月15日、無線LANとワイヤレスWANの自動切り替え機能を備えたポータブル無線LANルータ「Personal Wireless Router(PWR)」を開発したと発表。2009年内の発売を目指し、同日からモニターユーザーを約500人を募り、実証実験も行う。主に、通信事業者やNVNOなどへの導入やサービス展開を見込む。

NTTBPがモニター募集するというので、早速、申し込んでみました。

我が家では「Bフレッツ」「mopera U」「mzone」に契約しているので申し込み条件はクリア。後は、抽選に当たることを祈るのみです。(当たるといいな)

これまで3Gで使用できるパーソナルアクセスポイント(持ち運びできるバッテリー駆動の無線LANルータ)というとコミューチュアのPHS300しかありませんでしたが、NTTBPの「どこでも無線LAN」は、NTTグループの製品ということで、品質面や安定性、サポートの面で安心感が持てますよね。

「どこでも無線LAN」の特徴は、

PWRは通信アンテナとSIMスロットを内蔵するのが大きなポイントで、公衆無線LANサービスも複数人で共有できることと端末に共有ブックマーク保存できる機能が新しい

フィールドトライアル用端末はSIMフリーのようで、通信仕様そのものは海外で用いられるGSM(EDGE/GPRS)通信にも対応する。

PWR無償貸与、NTTドコモのFOMAハイスピード契約+プロバイダ契約の貸与/各1契約、公衆無線LAN フレッツスポットおよびプロバイダ契約の貸与/各1契約

トライアル用はSIMフリーなんですね。トライアル期間は通信料は無料なので問題ないのですが、トライアル期間が終了したら、Bizホーダイ・ダブルは使えなさそうなのでパケ代は青天井?

Bizホーダイ・ダブルに対応した「どこでも無線LAN」がドコモからも発売される予定はあるのでしょうか?

内蔵するバッテリーは、商用製品時に連続通信で6時間、連続待受(スタンバイモード時)で20時間の駆動を目指す。待受状態にしておける省電力のスタンバイモードを備えることで「ほとんど気にせず、どこでも通信」を実現できるとする。Web認証やPPPoE認証などを必要とする公衆無線LANサービス未対応の無線LAN搭載機器もPWR側で認証を行う機能を備え、バッファローのAOSSなどにも対応する予定だ。

連続通信が6時間行えるのであれば、実用上は全く問題なさそう。ていうより、むしろ、iPod touchとかノートPCのバッテリーの方が持たないかも。

image image

専用のクレードルもあって、有線のEthernetも使えます。どこでも持ち運べるルータつき無線LANアクセスポイントなんですね。

クレードルがなくても専用ケーブルで有線のEthernetも使えます。

image image

上部側面にUSIMスロットがあります。s

下部側面にmini USB端子、有線のEthernet用の専用ケーブル接続端子があります。

 

ところで、ドコモユーザが「どこでも無線LAN」を使用するとなると次のようなデメリットばかりに目立ちますが、

・契約的には2台持ちになる
(FOMA用USIM+データ通信用USIMの計2枚)

→ USIMを入れ替えて使うのは現実的じゃないので、事実上、2契約することになると思うのですが、コストが馬鹿になりませんよね・・・

・機器的には3台持ちになる
(FOMA+iPod touch+どこでも無線LANの計3台)
→ かさばるよなぁ・・・

・iPod touchでは電話ができない
→ これは仕方ないかぁ・・・

次のようなメリットもあります。

・iPod touchで電話できなくても、FOMAで電話ができるし、iモードもおサイフケータイも制限なしで使える。

・iPod touch以外の無線LAN機器、例えばノートPCなども外出先でインターネット接続ができる。

・カバーエリアが広くて、電波状況、通信品質の良いドコモの3G/HSDPAのネットワークが使える。

→ ソフトバンクモバイルのカバーエリア、電波状況、通信品質さえ問題なければ、安心してiPhone 3GSを契約できるのですが・・・

ということで、「どこでも無線LAN」を導入すれば、ドコモユーザでも外出先でiPod touchで快適にインターネット接続ができるようになりますよね。

広告

2009年内に発売予定のNTTBPのSIMスロット+6時間バッテリー搭載の「どこでも無線LAN」事前モニター募集に申し込んでみた」への1件のフィードバック

  1. ピンバック:NTTBP「どこでも無線LAN」のモニターに選定されました! « 突然消失するかもしれないブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。