突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

VMware Fusion 2.0.4でUbuntu 9.0.4 32bit版をインストールしてみた

Ubuntu 9.0.4のVMware用の仮想マシンイメージはまだ配布されてないので、以下の手順でアップグレードしてみました。

・VMware Fusion 2.0.4上で、Ubuntu8.0.4の仮想マシンイメージから8.10へアップグレード(こちらは問題なし)
・VMware Fusion 2.0.4上で、8.10 → 9.0.4へアップグレード(問題発生)

すると、マウス関連で問題が発生してしまいました。

Ubuntu9.0.4では、仮想マシンとホストマシン(Mac OS X Lepard 10.5.7)間でシームレスにマウスの移動ができないようです。control+commandで強制的にマウスの制御権を奪うことはできます。

仮想マシンのウィンドウサイズを変更すると、Ubuntuのデスクトップ画面サイズが自動的に追従するので、VMware FusionとUbuntu9.0.4が全然連携できていないわけではないようです。

Ubuntuが配布している仮想マシンイメージにはオープンソースのvmware-toolsもどきがデフォルトで組み込まれていますが、一度、オープンソースのvmware-toolsもどきをすべてアンインストールして、本家VMwareのvmware-toolsをインストールもしてみましたがそれでもだめでした。

<オープンソースのvmware-toolsもどきのパッケージ名>

・open-vm-source
・open-vm-tools
・open-vm-tools-gui
・xserver-xorg-video-vmware

本家VMwareのvmware-toolsがUbuntu9.0.4に対応してないっぽくて一部ビルドでこけているようです。その後、中途半端にインストールできてしまうため、余計にややこしいことに。

ひょっとしてUbuntuが配布している仮想マシンイメージに問題があるのではないかと思い、isoイメージからインストールしてみましたがそれでも状況は変わりませんでした。

仕事で何かとLinuxを使わざるをえないことが多く、手軽だからなのかUbuntuを指定してくる機会が多いので、どうしても安定して動作するUbuntu環境、しかも、仮想環境で動作するものが必要なので、8.10で様子をみることにしました。

仮想環境でサーバを構築するなら、やっぱり使い慣れてるDebianかなということで、Debianもインストール準備中です。

追記:2009/05/31 0:39

VMware Fusion 2.0.4にisoイメージの8.10をインストールし、本家VMwareのvmware-toolsをインストールしてみたところ、マウスもシームレスにゲスト・ホスト間で移動できることが判明しました。

追記:2009/05/31 11:42

VMware Fusion 2.0.4にisoイメージの8.10をインストールし、本家VMwareのvmware-toolsをインストールしてみたところ、マウスもシームレスにゲスト・ホスト間で移動できますが、ファイルのドラッグアンドドロップができません。

そこで、VMware Fusion 2.0.4に、Ubuntuが配布している8.0.4の仮想マシンイメージを再度試してみました。オープンソースのvmware-toolsもどきがデフォルトで組み込まれていて、ゲスト・ホスト間のマウスの移動、ファイルのドラッグアンドドラッグもシームレスにできます。

次に、Ubuntuが配布している8.0.4の仮想マシンイメージから8.10にアップグレードを試してみたところまたもや問題発生。

VMware Fusion 2.0.4が提供している機能で3Dの表示などが高速化される「仮想マシンのアップグレード」を実行してしまうと8.0.4→8.10のアップグレードでエラーが出てしまいます。

Ubuntuが配布している仮想マシンイメージはバージョンが古いので、VMware Fusion 2.0.4が親切にも(余計なお節介?)、仮想マシンのアップグレードをするか自動的にきいてくるので、うっかり仮想マシンをアップグレードしないように気をつける必要があります。

「仮想マシンのアップグレード」を実行しなければ、8.0.4→8.10のアップグレードが正常にできました。

ところが、またもや問題発生。

ゲストOSのLinuxに組み込まれるVMwareの仮想デバイスのカーネルモジュールが全部なくなってネットワークが使えなくなっています。また、カットアンドペーストもだめ。もはや三重苦、四重苦の様相を呈してきました。

open-vm-sourceというパッケージが残っているのでリビルドすればいいのでしょうが、以下の情報を参考にしてリビルドを試みるも、パッケージの依存関係を解決できない(ネットワークが使えない)のでアウト。

ソースパッケージからのリビルド (UNIXな生活)

だめもとで、本家VMwareのvmware-toolsをインストールしたところ、なんとゲスト・ホスト間のマウスの移動、ファイルのドラッグアンドドラッグもシームレスにできるようになりました。Good Job !

ポイントは、vmware-toolsをインストールしたら必ずシステムを再起動することです。

それと、試行錯誤が必要な場合は、VMwareのスナップショット機能が非常に便利です。スナップショットをとってしまうと、仮想マシンのディスクの圧縮ができなくなるのが欠点ですが、いつでも好きな時点の状態にシステムを戻せるので大幅に作業を効率化できます。

ということで、いろいろ勉強になりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。