突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

Android Dev Phone 1のファームウェアを1.5にアップデート

Android Dev Phone 1を購入してから3ヶ月弱経過してしまいましたが、ようやく、Android Dev Phone 1のファームウェアを1.5にアップデートしてみることにしました。

<Android Dev Phone用の公式ファームウェアイメージの配布先>

HTC – Support – Flashing your Android Dev Phone with a Factory System Image:

Android Dev Phone用のファームウェアアップデートツール、ファームウェアイメージ、操作手順などは、すべて上記のサイトで手に入ります。

上記のサイトで配布されているファームウェアイメージは、あくまで、Android Dev Phone用であり、T-Mobile G1やその他のAndroid端末では使用できないので注意が必要です。

ユーザ自身がファームウェアを書き換えたり、カスタマイズできるのは、Googleが販売しているAndroid Dev Phoneだけというわけです。

Android Dev Phoneのファームウェア書き換えでは以下のことが行えます。

・Dev Phoneを最新のAndroidシステムイメージの状態にする

・複数のAndroidプラットフォームのバージョン上で自分が開発したアプリケーションをテストして互換性を確認する

・おかしくなってしまったDev Phoneを工場出荷時の状態にリストアする

目的はともかく、Android Dev Phoneのファームウェアを工場出荷時のシステムイメージに書き換えることができます。

<サポートしている端末>

・HTC Dream・独自のfactory bootloader (hboot 0.95.3000) を持っているか、fastbootに対応している開発用のbootloaderを持っている端末

要するにDev Phoneしか対応していない?ということを意味しているのだと思います。

<ファームウェアのアップデート方法は2つ>

方法1では1つのリカバリーイメージファイルを使用し、方法2では2つのイメージファイル(Radio ImageとSystem Image)をそれぞれ使用します。

・方法1:リカバリイメージを使用する方法 アップデートされたリカバリーイメージを使用してDev Phoneのファームウェアを書き換える

SDカードからアップデート用のC-CPU用及びA-CPU用のリカバリーイメージをDev Phone上のリカバリーパーティションにコピーする方法です。

SDカードにアップデート用のC-CPU用及びA-CPU用のリカバリーイメージをコピーさえできれば、Windows、Linux、Macなど使用するPCに依存しないので、HTC的にはオススメの方法のようです。

この方法では、端末が独自のfactory bootloader(hboot 0.95.3000)を持っている必要があります。

また、A-CPU、あるいは、C-CPUの片方のファームウェアだけ書き換えることはできないので、片方のファームウェアだけ書き換えたい場合は、方法2のfastbootコマンドを使用します。

・方法2:fastbootコマンドを使用する方法 PCとDev PhoneをUSB接続して、PC上のfastbootコマンドを実行することによりファームウェアを書き換える

PC上でWindows、Linux、Mac用のfastbootコマンドを実行する必要があるため、環境を用意するのが面倒ですが、 方法1と違って、A-CPU、あるいは、C-CPUの片方のファームウェアだけ書き換えることができます。

この方法では、端末がfastbootとコンパチビリティのあるbootloaderを持っている必要がありますが、方法1のように端末が独自のfactory bootloader(hboot 0.95.3000)を持っている必要はありません。

ちなみに、Android Dev Phoneが使用しているプロセッサは、Qualcomm社のMSM7201Aで、アプリケーションプロセッサ(A-CPU)のARM11と通信制御用プロセッサ(C-CPU)のARM9などを1つに統合したワンチップです。

このため、fastbootの場合、イメージファイルが2つに分かれているのは、A-CPU用とC-CPUで使用するファームウェアが異なるからだと思われます。

※fastbootコマンドのソースコードは公開されているので、fastbootコマンド自体は誰でも作れそうですが、端末側のfastbootとコンパチビリティのあるbootloaderのソースコードは提供されているのでしょうか。

<実際のファームウェアアップデート操作手順>

※参考情報

・方法1:[Android] 続Android Dev Phone システムイメージ書き換え(Android1.5編)

・方法2:[Android] Android Dev Phone システムイメージ書き換え(Android1.5編)

<方法1>

・ファームウェアアップデート操作手順で重要なのは、方法1でも方法2でも、まず、Radio(C-CPU)側のファームウェアを書き換える必要があります。

For both the recovery-image and fastboot methods, you need to update the radio firmware on the device before you go on to update the system. This step is necessary both to ensure that a compatible radio image exists on the device and to satisfy version prerequisites enforced by the bootloader when loading the updated recovery image.

理由としては、最新のリカバリーイメージをロードする際、リカバリーイメージと互換性のあるRadio(C-CPU)側のファームウェアが端末上にあることを確実にし、ブートローダーによって強制されるバージョンの事前要件を満たすために必要だから、ということだそうです。

上で書きましたが、方法2は、方法1のように端末が独自のfactory bootloader(hboot 0.95.3000)を持っている必要はないとありますので、fastbootコマンドで書き換えられるのは、A-CPU側のファームウェア(System Image)のみということのようです。

無線部はFCCなどの認可が必要だと思うので、一般ユーザが無線部のファームウェア(Radio Image, C-CPU側)を自由にカスタマイズして書き換えが出来てしまうと困るから、ということなのかもしれません。

(1)C-CPU側のファームを書き換える。

方法1:[Android] 続Android Dev Phone システムイメージ書き換え(Android1.5編)

上記の情報を適宜引用させて頂きながら説明します。

まず、Radio側のファームを書き換える前に、Baseband versionを確認しておきます。

Baseband version = 62.33.20.08H_1.22.12.29
Firmware version = 1.0

です。

image 

次に、Android 1.5のRadioイメージファイルのota-radio-2_22_19_26I.zipをダウンロードします。

Radio側のファームの書き換えに限らず、ダウンロードしてきたイメージファイルはupdate.zipというファイル名にリネームして、SDカードのルート直下にコピーします。

SDカードにコピーする方法はなんでも良いので、ここでは、PCとDev PhoneをUSBケーブルで接続して、ddmsコマンドのFile Explorerメニューからsdcardフォルダにupdate.zipをドラッグアンドドロップしてコピーします。

image

1.(家のマークの)HOMEキーを押したままリブートし、いつものDroid君のあとに、(びっくりマーク)!アイコンが表示されるまで(押したまま)待つ。

↓こんな画面です。

image

2.キーボードを出して、ALT + l キーを押し、Android system recovery utilityを起動させる
※ここでの l キーは、エルキーです、アイキーでも、数字の1キーでもないです

↓こんな画面です。

image 

3.ALT + s キーを押し、update.zipの書き込みを実行させる

↓こんな画面です。

image 

書き込みのプログレスバーが消えたら、

↓こんな画面です。

image

(家のマークの)HOMEキー + (戻るマークの)BACKキーを押し、radio imageの書き込みを実行させると、矢印のイメージのあとに、自動的に再起動され、さらに、別のイメージ(ROMに矢印)が表示された後、通常どおり起動されます

これでRadio側のファームの書き換えは終了です。

image

62.33.20.08H_1.22.12.29 → 62.505.20.17H_22.19.26I

に書き換わっています。

(2)リカバリーイメージでC-CPU、A-CPU側のファームを書き換える。

以下のリカバリーイメージのsigned-dream_devphone_userdebug-ota-148830.zipをダウンロードしてきて、update.zipにリネームして、sdカードのルート直下にコピーします。

後の操作は(1)と全く同じです。

image

Baseband version = 62.33.20.08H_1.22.12.29
→ 62.505.20.17H_22.19.26I
→ 62.505.20.17H_22.19.26I

Firmware version = 1.0 → 1.5

ということで、めでたくAndroid Dev Phoneのファームウェアアップデートすることができました。

ちなみに、Android 1.5にファームウェアアップデートしてもロケールに日本語はまだ含まれていないようです。残念。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。