突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

ThinkPad X31のAccess IBMボタンを押したときのリカバリーモードが立ち上がる設定を復活させる方法

ThinkPad X31では、Access IBMの青いボタンを電源投入時に押すと、工場出荷時の状態に復元できるリカバリーモードを立ち上げることが出来ます。

ところが、ThinkPadを使い込んでいるうちにいつの間にかリカバリーモードが立ち上がらなくなることがあります。

ThinkPadでは、最新の機種だろうが古い機種だろうが、IBM Access / ThinkVantageの青いボタンを押しても正常にリカバリーモードが立ち上がらなくなることはよくあることで、基本的に信用できません。

で、最近、ThinkPad X31の調子が微妙に悪かったので、リカバリーモードを立ち上げようとしたら案の定立ち上がりません。

そこで、ThinkPad T42で作成しておいた「Rapid Restore対応 IBM Rescure and Recovery」ディスクをThinkPad X31に接続した外付けのUSB DVDドライブにセットして起動してみたところ、なんと、ThinkPad X31のハードディスク内に保存されているD2D領域からリカバリープログラムが無事に起動しました。

我が家のThinkPad X31は最終モデルなので、普通のやり方ではハードディスク上のD2D領域をDVDメディアにバックアップすることができないんですよね。

まぁ、X31はだいぶ古いモデルだし、ハードディスクが逝ってしまったら、Linuxでも入れて自宅サーバにでもするつもりですけど、メールとWebするだけならまだまだX31でもいけるので、追加投資することなく延命させて使い続けたいところです。

そうそう、ThinkVantageによる自動アップデートサービス(System Update)がいつの間にか終わってしまっていたんですね。(手動アップデート用にファイル配布はされています)

image

System Update の変更および関連ツール

image

2009年5月から新しいサポートサービスの提供を検討中らしいですけど、IBMからLenovoになってからというものサポートの質が落ちすぎですよ。>Lenovoさん

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。