突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

MacProとDell Precisionを値段を比較してみた

MacBook Late 2007(Core2Duo 2.2GHz、メモリ4GB)でAndroidの全ソースコードをDoxygenで解析を試みたところ、内蔵ディスクの空き容量が足らなくなり中断してしまいました。

Doxygenはソースコードの解析が進むにつれてどんどん処理が重くなっていき、CPUの負荷は常に90%以上、キーボード、マウスのレスポンスが極端に悪くなって他のアプリケーションがほとんど操作できなくなります。

Androidのソースコード全体のサイズは、約2.2GB(gitの管理情報含む)です。

また、上記の環境で12.4MBのAndroidのソースコードの一部を解析するのに4時間かかりました。

ということは、Androidのソースコード全体を解析しようとすると単純計算で約1ヶ月かかることになります・・・。

2.2 * 1024 / 12.4 * 4 / 24 = 約31日

これはダメだということで、ソースコード解析用にマシン増強を検討してみました。

候補は、MacPro(Early 2008)とDell Presision T7400です。

完全に同一構成にするのは無理だったので、だいたい似通ったスペックにしてみました。

すると、Apple Storeだと、MacPro(3.0GHz Quad-Core Intel Xeon x 2、メモリ16GB)がおよそ99万8千円。

一方、Dell Precision T7400(3.0GHz Quad-Core Intel Xeon x 2, メモリ16GB)がおよそ65万2千円。

差額は、34万6千円です…。

で、最近出たMacPro(Early 2009、2.93GHz Quad-Core Intel Xeon x2, メモリ16GB)がおおよそ75万2千円。メモリ代が安くなっているのがかなり好感触。

Harpertown vs. Barcelona vs. Phenom vs. Nehalem – 最適化問題に対する超高速&安定計算

北森瓦版 – “Nehalem-EP”―Xeon X5570のベンチマーク

によると、ほぼ同じクロックなら、

MacPro Early 2009のNehalemは、MacPro Early 2008のHarpertownの2倍近く速いらしいと考えても良いのでしょうか?

ところで、Doxygenの動作を見ていると並列処理しているように見えないんですよね。ということは、マルチコアのCPU上で実行してもほとんど効果がないような悪寒が・・・。

<参考:見積もり構成と価格>

カスタマイズ - Apple Store (Japan)デルオンラインストア-システムのカスタマイズカスタマイズ - Apple Store (Japan)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。