突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

Android Dev Phone 1を購入!

Androidアプリを作るのも面白いと思うのですが、やっぱり正規のやり方で自由にファームウェアを書き換えていろいろ実験してみたかったので、Android Dev Phone 1を購入してみました。

購入手続きを行ってから2~3日くらいで商品が届きました。

配送業者はUPSという企業のようです。日本国内の配送はクロネコヤマトでした。UPSとヤマト運輸は提携しているんですかね?

海外から商品を購入するのは初めてだったので、きちんと商品が届くか心配しましたが無事に届いて良かったです。

Android Dev Phone 1を購入するには、Android Marketへの登録が必要なので、未登録の場合は、Android Marketのregistration feeが$25かかります。

また、Android Dev Phone 1自体の購入費用としては、端末代+送料+関税?がかかります。レートによって変わりますが、今回は、45,830円でした。image

ということで、Android Dev Phoneを購入するには、トータルで5万円ほど費用がかかります。

ちなみに、Android Dev Phone 1は、Android Marketに登録したアカウント1つにつき1台しか購入することができません。1台購入してしまうと、再購入はできなくなります。

image

 

IMG_0055

さて、こちらが届いた商品です。結構大きな箱に梱包されてきました。

IMG_0058 

箱の中は大半をエアクッションが占めています。

IMG_0060

そしてこれが、Android Dev Phone 1が収められた外箱です。T-Mobile G1の化粧箱と違って、実にシンプルです。外箱のコストを思いっきり削ってますね。

IMG_0061 

箱を開けるといよいよ待望のAndroid Dev Phone 1とご対面です。注意書きの紙切れが一枚入っていました。

IMG_0062

ボディの色は茶色です。裏面には変な印刷がされてます。T-Mobile G1の黒色か、白色の方が個人的には良いと思います。

IMG_0065

とりあえず電源を入れてみました。まだSIMは差してません。

次は、アクティベーションを行って、Android Dev Phone 1のファームウェアのバックアップをとった後、Androidのソースコードをビルドしてファームウェアの書き換えに挑戦してみようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。