突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

リモートデスクトップで英語/US配列キーボードから入力すると日本語/JIS配列の入力になってしまう

私が今使っているのはUS配列のものです。

MicrosoftのRmote Desktop for Macで、Windows XPが動作しているJIS配列キーボードのPCにリモート接続すると、US配列のApple Wirless Keyboardの入力が、日本語/JIS配列での入力になってしまい、キー入力が正しくできないという問題が発生して困っています。

いろいろRemote Desktop for Macの設定をいじってみたのですがどうやっても上手く認識してくれません。

ググったら解決方法を発見。

Naganuma Tatsumi :: Blog :: リモートデスクトップ環境でのキーボードレイアウト

いったんログアウトしてログインしなおすとローカルのキーボードレイアウトが適用されることが分かりました。リモートデスクトップはログオンセッションを維持したまま切断や再接続ができるのですが、この機能を使わずにログオンし直せば大丈夫ということのようです。リモートデスクトップは使えるツールだと思うのですが、こういう細かいことでつまづくともったいない感じがします。

リモートデスクトップ接続するときは、一度、完全にログアウトしないといけないんですね。

ただ、他のPCはJIS配列なので、US配列のキーボードを使っていると煩雑というか、混乱しそうです。

ところで、Apple Wireless Keyboardを愛用しているのですが、まさかJIS配列版があるとは知りませんでした。

Apple Wireless Keyboard (JIS) – Apple Store (Japan)

Apple Wireless Keyboard (JIS)

今更、買い直すのもアレなんですが、作業に支障が出ているので、JIS配列版のApple Wireless Keyboardを追加で購入しようかと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。