突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

VMware Fusion 2.0.2のアップデートリリース

日本のVMwareのサイトではまだページが更新されていないようですが、英語のサイトではVMware Fusion 2.0.2のアップデートリリースが出ています。

200902201530.jpg

http://www.vmware.com/download/fusion/

リリースノートによると、

・ VMware Fusion 2.0.2は、VMware Fusion 2のメンテナンスリリース。VMware Fusion 1〜2のすべてのユーザが無料でアップグレードできる。

○新しい機能

・Parallels Desktop 4.0とParallels ServerからWindowsの仮想マシンをインポートできるようになった。

・暗号化されていないディスクイメージ.dmgをCD/DVDのディスクイメージとしてマウントできるようなった。

・ホストOSとしてMac OS X 10.5.6をサポートした。

・ゲストOSとしてMac OS X Server 10.5.6を実験的にサポートした。(プロテクトかかってないのでしょうか?)

・12ヶ月間無料のMcAfee VirusScan Plus 2009を提供(って、ゲストOSに対してだと思うのでWindows版だけ?)

Ships with a 12-month complimentary subscription to McAfee VirusScan Plus 2009 antivirus software, with localization support for French, German, Italian, Spanish, Simplified Chinese, and Japanese.

・ゲストOSのWindowsとVMware Fusion間のミラーフォルダーと共有フォルダの参照のパフォーマンスが改善された。

・48×48のアイコンとしてのWindowsアプリケーションのユニティ表示のサポート

・Mac OS X 10.5.5以降での”Mac OSアプリケーション向けの最適化”のプリファレンスオプションに関する問題の修正。

200902201534.jpg

この画面でいう、「Mac OS アプリケーションのパフォーマンスのために最適化」のオプションのことでしょうか?

・バグフィックスなど

細かいバグフィックス情報は以下の通り。大量。

http://www.vmware.com/support/fusion2/doc/releasenotes_fusion_202.html#resolvedissues

VMware Toolsもバージョンアップしているのでバージョンアップ。

ちなみにVMware Toolsをバージョンアップすると、強制的にゲストOS(Wndows XP SP3)がリブートされます。

・個人的に気になっていたMac OS X←→ゲストOS(Windows XP SP3)間のコピー&ペーストですが、

−文字列は、Mac OS X←→ゲストOS(Windows XP SP3)間でコピペできる。

ですが、画像データはコピペできないようです。

比較にならないかもしれませんが、Windows XPについてくるリモートデスクトップでも画像のコピペはできないようなので、画像のコピペを実現するのは難しいのでしょうか? → 訂正:リモートデスクトップでは画像をコピペ出来るときと出来ないときがありますね。なんか不安定です…。

−ファイルのドラッグ&ドロップによるコピーができる。

特に問題ありません。

・それと、これまで使い物にならなかったユニティも崩れず表示されるようになりました。

しばらく様子を見てみたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。