突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

Androidのadbコマンドの使い方

PC上でemulatorとAndroid端末実機(T-Mobile G1)を接続していると、adbコマンドから端末に接続する際、端末が2つあるので、どちらかを指定して接続する必要があります。

その方法は、以下のようにget-serialnoコマンドを実行すると、端末が接続している(仮想?)シリアルポートが表示されます。

$ adb get-serialno
emulator-5554
HT——

または、devicesコマンドでも同じような結果が得られるようです。

$ adb devices
List of devices attached
emulator-5554   device
HT——               device

例えば、emulator-5554のemulatorに接続したい場合は、-sオプションで接続したいシリアルポート名を指定すればOKです。

$ adb –s emulator-5554 shell

また、emulatorやAndroid端末実機(T-Mobile G1)の外部の環境から制御したい場合は、以下のようにします。

$ adb shell Android内のコマンド名のパス

例えば、Android内のプロセスの状態を確認するには、

$ adb shell /system/bin/ps

とすればOKです。

ちなみに、/system/binはデフォルトでパスが通っているので省略可能です。

次の例は、topをバッチモードで結果を1回だけ出力します。

$ adb shell top –n 1

 

ということで、Androidのemulatorなり、端末実機なりを外部から好きなように制御できるようになると、Windowsよりも、Mac OS XやLinux上で操作した方がいろいろ応用が利きそうです。

もちろん、Wi-Fi経由でtelnetやsshログインした方がもっとスマートな気もしますが、それにはjailbreakするか、Wi-Fi経由でPCなどからとばした命令を処理してくれるようなDalvikVM上のアプリを作成する必要があるので、お手軽に実現したいのであればadbコマンドを活用する方法もありますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。