突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

ThunderbirdでGmailのIMAPサーバを使う方法

Gmailを複数の情報機器で読み書きしていると一度取得したメールは他の情報機器で受信されないので不便です。

そこで、GmailのIMAP機能が使いたくなります。

Thunderbirdでは、標準で、POP3とIMAPに対応していますが、デフォルトのアカウントウィザードで選択できる「Gmail」は、POP3による設定しかできません。

image

もちろん、アカウントウィザードで、「メールアカウント」を選択して、GmailでIMAPを使用するために必要な情報を手動で入力すればGmailでIMAPによる設定が行えます。

ですが、送信済みフォルダなどをGmailのIMAPサーバに置くように設定するためには手動で設定が必要になるようなので面倒です。

そこで、Thunderbirdのプラグインの「Gmail IMAP Account Setup 」をインストールします。

Gmail IMAP Account Setup

http://hogi.a.orn.jp/ja/setup_gmail.html

すると、上記のように、「Gmail IMAP」と「Gmail IMAP(Google Apps)」という項目が追加されます。どちらを選択してもGmailでIMAPによる設定が行えるようです。

尚、Gmail側の言語設定を「English」など「日本語」以外に設定していると、

「下書き、送信済み、迷惑メール、スター付き、ゴミ箱フォルダの設定ができませんでした。手動で設定してください。」

というようなエラーが出てしまいます。

そこで、

Gmail IMAP Account Setup のよくある質問 (続き)

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/wknxc134/comment/20080302/1204468418

こちらの情報の通り、Gmail側の言語設定を「日本語」に変更して、アカウントウィザードで「Gmail IMAP」を選択すれば上記のエラーが出なくなります。

また、Gmailでオフライン設定などを行っていると設定の変更が反映されるまでに時間がかかることがあるので、言語設定を変更してからしばらく待つと上記のエラーが出なくなります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。