突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

CClenaerの対象アプリがかなり増えている

最近、IE, Firefox以外のWebブラウザ、Webブラウザ経由あるいは独自に通信するアプリが増えてきているせいで、いつの間にかPCの中に一時ファイルや履歴データが沢山作られるようになりました。

これらのデータをそのままにしておくと、ストレージの容量を圧迫するし、システムの安定性やセキュリティ的にもよろしくないので、Windows内を常に綺麗な状態で維持しておくことは重要だと思います。

PC内の掃除をしてくれるツールがいくつかありますが、CCleanerはその一つ。

で、CCleanerのバージョンアップをしてみたところ、掃除できる対象アプリが結構増えています。

まず、Windows関連、IEなどは特に変わってない様子。ここら辺は基本ですかね。

image

 

で、こちらがWindowsから見た場合のアプリの状況。

Opera、Safari、Google Chrome、Adobe Reader、MS-Office、Java、ツールバー、Apple系のアプリ、フリーソフトの類まで見事なサポートっぷりです。

凄いの一言。

逆に考えると、こんなに一時ファイルや履歴データを残すアプリがあるということなんですね。凄い時代になったものです。

ちなみに、Mac OS Xに対応した掃除アプリってあるんですかね?

image

 

ところで、携帯電話に目を向けると、スマートフォンがどんどん出始めてきていて、どんどんPC化が進む傾向にあるような気がするのですが、そのうち携帯電話でもこの手の掃除系のアプリが必要になる時代がくるのかもしれません。

とはいっても、セキュリティの関係で携帯電話内の他のアプリやシステム内のデータを自由にいじることができなかったりするので、現時点では実現が難しそうです。

ですが、実際問題として、例えば、Android端末だとアプリが作成した一時ファイルや履歴データをアプリケーションマネージャやアプリ自体から削除できないアプリもあったりして、アプリが一度、変な状態になるとアプリを再インストールするしかなくなったりすることがあります。

アドインアプリなら再インストールで解決できることもあるのですが、Android端末だとプリインアプリの場合、どうすることもできないので、フルリセットで工場出荷時の状態に戻すしかないため、すごく不便です。

JailBreakしてしまえば解決できなくもないと思うのですが、リテラシーが高くない一般ユーザがスマートフォンを使うことを考えると、それだと本質的な解決にならないと思うので、携帯電話メーカ、携帯電話用OSメーカ、携帯電話事業者にはうまい解決方法を提供する必要があるのではないかと思います。

広告

CClenaerの対象アプリがかなり増えている」への1件のフィードバック

  1. Cyao 1月 26, 2009 9:24 am

    ずっと使ってきたんだけど。V2.09.600のままだったのです。
    早速アップグレードします。どうも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。