突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

SCON-KIT/PROの取り付けを失敗するとどうなるのか?

先日、玄箱ProにSCON-KIT/PROの取り付けをなんとか一発で成功しました。

本日、もう一台の玄箱ProにSCON-KIT/PROを取り付けたところ、なんということでしょう、見事に失敗してしまいました。

(まだ手をつけていない玄箱Pro+SCON-KIT/PROが残り2台あって、計4台になります。w)

SCON-KIT/PROの取り付けを失敗すると以下のような現象が起きます。

  • 玄箱Proの電源投入直後、けたたましいビープ音が鳴り始める。
  • その後、強制的にtftpブートしようとする。
  • u-bootの画面に割り込んで、printenvを見ると、
    http://aerocats.blog100.fc2.com/blog-entry-7.html
    にあるように、”force_tftp=1″となっている。また、u-bootの環境変数を変更しても保存できない。(saveenvしても反映されない)
  • 何度リブートしても上記の繰り返しで症状が改善しない。

試行錯誤の結果、以下が原因らしいということがわかりました。

  • 玄箱ProのサブボードへのSCON-KIT/PROに付属のコネクタの半田付けに失敗している。(うまく半田付けできていない or ショートしている)

見た目、うまく半田付けできているようでも、半田付けが不十分だったり、一見、ショートしていないように見えてショートしている場合があります。

そこで、いったん気を落ち着かせて、再度、半田付けを丁寧にやり直します。すると、見事症状が改善され、正常になりました。

ということで、SCON-KIT/PROの半田付けがうまくいっていない場合でも、強制的にtftpブートできるように玄箱Proのファームウェア(u-boot?)がうまくできているのかもしれませんね。

半田付けの経験があまりない人は、先が細く、ワット数の少ない半田ごて(15Wくらい)を使用した方が余裕を持って安心して作業ができるかもしれませんね。

ちなみに、そこら辺に転がっていてた、半田吸い取り線を使ってみて驚いたのですが、半田吸い取り線って銅線を編み合わせた網でできているのですね。私はてっきり布かなんかでできているのだと思っていたのですが、半田吸い取り線を使っていると非常に熱くなってびっくりしました。(^^;

知らぬが仏というか、怖いもの知らずというか、素人って怖いですね。

広告

SCON-KIT/PROの取り付けを失敗するとどうなるのか?」への3件のフィードバック

  1. Wow 10月 14, 2009 11:53 pm

    おお、なんとかこちらにたどり着きました。
    よかったら、ご意見をお聞かせください。
    最近気がついたのですが、玄箱にSCON/KIT-PRO付けて、PCのUSB Portに接続して玄箱の電源を入れると、ターミナルソフトでログインまでできるます。
    しかし、玄箱にSCON/KIT-PROを付けたまま、PCのUSB Portに接続せずに立ち上げると、こちらに書いてあるように『けたたましいビープ音が鳴り始め』ます。LEDは5回の点滅を繰り返します。
    これも半田付けの不良が原因なのでしょうか?

  2. typex20 10月 23, 2009 11:10 pm

    ずいぶん前のことなので記憶が曖昧なのですが、半田付けに成功している場合は非常に安定してシリアル接続することができます。ですが、ちょっとでも失敗していると上記のような現象が起きるようです。

    SCON-KIT/PROの半田付けするコネクタは熱に弱いらしく、困ったことに半田ごての熱ですぐに変形してしまいますよね。

    半田付けをやり直すのは不安だし、面倒だし、抵抗が大きいと思いますが、予備が1個ついているはずですので、思い切って半田付けをやり直されてはいかがでしょうか?

    その場合は、一度、完全に半田付けを取り外して、コネクタのピン、基板上についた余分な半田を半田吸い取り線で綺麗に取り除いてからやり直すとうまくいきやすいのではないかと思います。

    シリアルコンソールはいざという時の保険になりますので、安定して使えるようにしておきたいですよね。

  3. Wow 10月 25, 2009 11:22 pm

    ご意見ありがとうございました。
    SCON kitをPCと接続または玄箱から外せば問題なく起動しますので、いざというときの保険は効いていますが、確かにもう一度半田付けの検討を考えた方がよいかもしれませんね。とは言ったものの、半田付けはどちらかというと苦手なんですよね。

    1年前に取り付けた時は、すんなり半田付けもできシリアルにサングラスの男も出現したのでハードディスクからの起動に変更したところで安心し、それから1年空白の状態でした、最近になって、また手をつけ始めたところでした。

    空白期間があったので、フラッシュからの起動に戻して、最初から勉強しようと作業をしていたら、全く起動しなくなったのですが、”保険”のSCON Kitが役に立ちました。しかし、ビープ音が鳴る場合があることに気付き質問をさせて頂いた次第です。

    お忙しいところ、ありがとうございました。また寄らせていいただきます。その時までに突然消失しないことを祈っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。