突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

玄箱Proセットアップその1

玄箱ProとSCON-KIT/PROを購入して、無事にシリアルコンソールが使えるようになりました。

いやぁ~、半田付け作業って結構大変ですね。ピン間隔が狭いので、ショートしないように半田付けするのが一苦労。それと、シリアルケーブルのコネクタですが、樹脂製なので、半田ごての熱で微妙に溶けるんですよね。コネクタが熱で変形して、ピンが変に曲がってしまいました。ピンが折れないようにマイナスドライバで丁寧に矯正して、なんとかピンがコネクタに刺さるように真っ直ぐに直りました。

次に玄箱Proにバッファローの内蔵用HDD HD-H1.0TFBS2をセットアップしたところ問題が発生してしまいました。HD-H1.0TFBS2は、SAMSUNG製のHD103UJを使用しているようなのですが、パーティションを切ってフォーマットしようとすると玄箱Proの工場出荷時のBUFFALO製のカーネルがハングアップしてしまうのです。

Debian etchをインストールしているHD-HGLANにUSB-SATA変換ケーブルで接続して、同様にパーティションを切ってフォーマットしようとしたところ、やはりカーネルがハングアップしてしまいます。

仕方ないので、Windows XPにUSB-SATA変換ケーブルで接続して、ハードディスクをフォーマットしているのですが、フォーマットが3%くらいまで進んで先に進みません。

玄箱Proは、SATAに対応していて、SATAIIには対応していないようなのですが、SATAIIはSATAの上位互換があるそうなので、一応、使えそうですよね。

手持ちのUSB-SATA変換ケーブルもSATA対応で、SATAII対応ではないのですが、SATAとSATAIIの違いが原因だとは思いにくいのですが。。。

もう一台同じものを購入しているので、もし別のHDDで正常に動作すれば初期不良ですね。だとしても交換めんどいですね。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。