突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

iPhone SDKの凄いと思うところ

iPhone/iPod touchを持っていないのでなんとも言えないが、MacBookを持っているのでiPhone SDKをインストールして試してみたことはある。

Interface builderで、あのiPhone/iPod touch独特の画面設計をひょいひょいとやって、イベントハンドラに必要な処理を実装するだけ。

難点なのが、

  • Objective-Cで実装しないといけない。
  • 実機でデバッグするには、iPhone Developer Program(有料)への申し込みが必要。

WindowsならC++、C#、VBなど選択肢がいくつかあるけど、iPhone/iPod touchの場合は、Objective-Cしか選択肢がないので一から勉強しないといけないのでとても敷居が高い。

iPhone Developer Programは、個人ならスタンダードプログラムの年間10,800円、法人ならエンタープライズプログラムの年間33,800円を払わないといけない。

iPhoneかiPod touchを購入した上で、Macも購入しないといけない。

で、やはり実機がないとiPhone SDKの機能全体を試せないのがもどかしいのだが、

アップルiPhone SDK発表! ポイントのおさらい

によると、個人的には以下に注目している。

・リモート・デバッガみたいにiPhoneに接続して、Mac上の自分のアプリのパフォーマンスはiPhoneからリアルタイムに見ることができます。

・Instruments:「パフォーマンス解析ツールの簡易版スイート」

Instrumentsというやつは、SolarisやMac OS Xではとある業界では有名な?Dtraceがベースになっているものらしく、組込機器でDtraceのような高度なトレーサが標準で使えるのは、iPhone/iPod touchだけなんじゃないだろうか。

簡易版とあるけど非常に気になるところ。AndroidだとベースがLinuxなので、Dtrace使えないし、デバッグ環境としてはちょっと遅れてるかも。

あっ、AndroidだとLinuxやネイティブプログラムをデバッグできる必要性はそんなになくて、Dalvikだけデバッグできればいいの良いってことなの?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。