突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

X11 for Mac OS Xを使う

アップル、X11 for Mac OS Xを発表

によると、Mac OS XでX-Windowが使えるようになったのは2003年1月のこと。かなり前からMac OS Xでは標準的にX-Windowが使えるようになっている。

一方、Windowsではどうかというと、X-Windowを使うのには有料ソフトを購入したり、フリーソフトを導入したりと、えらく敷居が高かったりする。

それを考えると、Mac OS Xって本当に凄い!

ことUnix関係については死角がないんじゃないかって思えるほど。ファイルシステムが若干怪しそう?ってところを除けばもう完璧なんじゃないだろうか。

で、Armadillo-500にFirefoxをインストールして、ネットワーク経由でX11 for Mac OS X側に画面を表示するということをやってみた。

ARM11 400MHzだと処理能力が貧弱すぎてレスポンスが異常に悪い(処理が重い)のだが、一応、動作する。今更ながら、さすがっ!て感じ。

設定方法は、

Armadillo-500で、以下を実行。

export DISPLAY “X11 for Mac OS Xが動作するホストのIPアドレス”:0.0;

X11 for Mac OS Xで、以下を実行。

xhost +”Armadillo-500のIPアドレス”

上記を実行したら、Armadillo-500でFirefoxを起動するだけ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。