突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

C-Kermit on Mac OS X Leopard

Mac OS X LeopardにOSのインストーラからgccなどの開発環境が一式インストールされている環境で、Mac OS XでC-Kermit(シリアル通信ソフト)をインストールして使う方法。

公式サイトから

http://www.columbia.edu/kermit/ck80.html

ftp://kermit.columbia.edu/kermit/archives/cku211.tar.gz

を落としてくる。

解凍して、以下を実行すると、wermitというバイナリが生成される。

make macosx103

make install

すると、/usr/local/bin/kermitとしてコピーされる。

あとは、kermitを実行して、以下の通り入力してシリアルデバイスに接続するだけ。

 set line /dev/接続したいシリアルデバイス名
 set speed 115200
 connect

Armadillo-500のシリアルポートにTeraTermで接続していると頻繁に表示がおかしくなるので、kermitを使うのが吉。なんといってもシリアル接続の世界では実績が違うと思う。

kermitって古いソフトですよね。1995年頃、FM-TOWNSにLinuxをインストールしてkermit使ってシリアル接続していたことがありますが、非常に使い勝手が良かったし、何より動作が安定していて信頼できます。

 

 

C-Kermit on Mac OS X Leopard」への1件のフィードバック

  1. ピンバック:Tweets that mention C-Kermit on Mac OS X Leopard « 突然消失するかもしれないブログ -- Topsy.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。