突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

HD-HGLANが論理的に壊れる・・・

debian化しているHD-HGLANが論理的に壊れてしまいました。正常にブートしません・・・。apt-get upgradeで、警告を無視して強制的にパッケージを更新したのが原因です。

これまで我慢してdebian(woody)を使ってきましたが、もう限界。最近は、sambaサーバとしてしか利用してませんでした。環境が古すぎていろいろソフトをコンパイルしてインストールしたくてもエラーでまくりで全然だめ。sarge化も考えたのですが、うまくアップグレードできず。

まぁ、最新のdebianは、debian4.0(Etch)だし、Linuxカーネルも2.4から2.6に移行したかったということもあって、環境を作り直す良い機会になったのかもしれません。

HDDが物理的に故障したわけではないので、まずはバックアップ。

ところが、HD-HGLANでは、システム領域のパーティションのマジックナンバーが特殊なので、通常のマジックナンバーに変更しないとPCでマウントできません。

fix_ext2_magic-1.1.i386.tar.gz → これを使えばマジックナンバーを変更できるみたいです。

今は、PCでLinuxを使える環境がないので、DiskInternals Linux Reader 1.1というツールを使ってWindows XPからデータ領域だけバックアップ中です。(システム領域はマジックナンバーを変更しないと読めません。)

ということで、本格的な作業は、MacBook+Parallels+Ubuntuで、HD-HGLANのシステム領域のパーティションのマジックナンバーを変更してからになりそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。