突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

ThinkPad X61の内蔵無線LANカードと外付け無線LANカードの相性

ThinkPad X61の無線LANがやたら不安定だと思っていたら、どうやら内蔵無線LANカードと外付け無線LANカードのソフトの相性の問題のようです。

ThinkPad X61にはインテルの無線LANカードが内蔵されていて、専用のデバイスドライバとThinkVantage Access Connectionを使うことが前提となっています。

社内ネットワークでは無線LAN接続するためには、Ciscoの外付けの無線LANカードを使うことが義務づけられているため、Ciscoが用意しているデバイスドライバや管理アプリ(Aironet)をインストールしなければなりません。

ThinkPadの内蔵無線LANカードでも社内ネットワークに接続することはできるのですが、社内サポートが受けられないので、自己解決できない人は、嫌でも入れざるをえないんです。

ところが、自宅で使っているNECのAtermに付属してきた外付けの無線LANカードをThinkPad X31で使う場合にもCiscoと同じようにNECが用意している専用ソフトをインストールしなければならないのですが、これまた、Access Connectionと相性が悪い。

Windows XPの仕様の問題なのかどうかわかりませんが、異なるメーカの無線LANカードを複数さして利用することが想定されていないのではないでしょうか。

要するに共存できないんですね。

で、CiscoのAironetをアンインストールして、lenovoがThinkPad X61用に配布しているデバイスドライバとThinkVantage Access Connectionを再インストールしたところ、これまでなんだったのかと思うくらい安定して動作するようになりました。

今時、ノートPCが内蔵している無線LANカードを殺して外付けの無線LANカードを使用するように強要すること自体がおかしいと思うのですが、こういうつまらないところで苦労するのって実に虚しいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。