突然消失するかもしれないブログ

”とつきえブログ”

ThinkPad T42のバッテリが寿命?

2004年10月に購入したThinkPad T42のバッテリが寿命なのか、フル充電ができないようになってしまいました。

一度、バッテリを放電させて再充電してみたところ67%以上の充電ができません。また、充電のしきい値をどんなに下げても充電が始まりません。

T42では、バッテリー・リコンディショニング機能に対応しているので、本来ならバッテリーを完全に放電させた後、100%まで充電して、バッテリーの状態を改善してくれるはずなのです。ところが、処理が中断してしまうのです。

また、バッテリから満充電容量と残容量の情報を取得できるはずなのですが、67%からわずか数分くらいで残容量5%くらいに激減し、自動的にサスペンドしてしまいます。電力設定は、「省電力タイマー使用禁止」にしているので、残容量数%にならないと自動的にサスペンドしない設定になっています。

上記の状態から、再度、電源をオンにしてみると、残容量2%と表示されて残り時間37分となり、10分以上動作し続けています。

不思議なのは、バッテリー情報を見ると、残容量が0Wh、0%なのに、しっかり電流と電圧、電力が供給されているのです。

バッテリー情報01

バッテリー情報02

ThinkPad T42のバッテリは、インテリジェントバッテリだと思うのですが、マイコンが管理しているデータがすっかり狂ってしまっているのでしょうか?

ということで、充放電を数回繰り返して、様子を見てみようと思います。

(2008.02.02追記)

何度か繰り返してみましたが、76%以上、充電されなくなってしまいました。残念ながら寿命のようです。

広告

ThinkPad T42のバッテリが寿命?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック:ThinkPad T42のバッテリが死亡 « 突然消失するかもしれないブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。